アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方アメリカの雇用を守るというトランプの公約について

2017年01月20日

東芝ショック再び

こちらは2015年仕事収めの12月28日に書いた「東芝ショック」というブログ記事です。債務隠しがばれた件なんですが、この少し前に日経ビジネスという雑誌で「東芝のアメリカ原子力関係子会社の巨額赤字」って記事が出てました。

2015年の暮れには分かってたってことですよ。それが今になって出て来た。「東芝、原発で数千億円損失 最終赤字の可能性 17年3月期」ですって。それも、その際に言われていた件ではなさそうなんです。

あの頃は、東芝が87%の株式を保有するウェスティングハウスの12年と13年単体決算が1600億円もの赤字というものでした。ところが今回は、15年前に買収したCB&Iストーン・アンド・ウェブスター(以下S&W)の赤字だそうです。ありゃー、まだまだありましたかー。

金額的には5000億円を超え、7000億円規模に達する可能性もあるそうですから、もう自己資本が全部吹っ飛んじゃう。まあ債務超過ですよ。それを回避する方法として、半導体部門を売る案が出てるそうです。ひえー。収益源ってあと何?

もう白物家電も医療機器も売却して、原子力が稼げないと判明した今、半導体を売却したら東芝ってインフラ事業だけになっちゃう。まるで倒産してないけど、倒産したかのような勢いで事業解体されてますが、大丈夫なんでしょうか?何で稼ぐんだろう???

やっぱ、あの2015年暮れの時点でもっと赤字があったんですよねえ。隠してたのか分からなかったのかは不明ですが、東芝に万が一のことがあると、日本中のインフラが危機に陥りますし、福島第一原発の廃炉は誰がやるんだって話しも出て来る。

以前から海外の投資家は「日本企業は帳簿をごまかすから信用できない」と言われて来ていますが、かなりすごい悪例となる事案になってまいりました。

日本株全体が急落なんてことにならないよう、国家を挙げてこの件に取り組んで欲しいと思ってるのですが、近年は政治家も官僚も企業経営には全くの無知的な状況ですから、「一企業の経営支援に国が関わるのはモラルの問題が・・・」なんて言って何もやらないんでしょうねえ。

これも産業革新機構行きでしょうか?そんなことになると、いつものあの「国が支援してる会社がスポーツなんてとんでもない」って話しになるんですかねえ。野球部とかラグビー部とか名門だし、バスケットはBリーグチームなんですが、それどころじゃないですよねえ。将来的に日本全体の問題に波及するのではと心配しております。

gq1023 at 04:53│
アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方アメリカの雇用を守るというトランプの公約について