出張中の移動や残業ジャカルタに行ってきました

2017年01月14日

トランプはビジネスマン

459a9702.jpg新しくアメリカ合衆国の大統領になるトランプ氏ですが、私は経済的な面では不安視してません。なぜなら彼はビジネスマンだからです。

その昔、ブッシュ大統領(お父さんのほう)時代に、彼はGM・フォード・クライスラーの茶長を引き連れて来日して、日本の自動車メーカーに圧力をかけに来ました。私はトイザらス日本一号店のオープニングに突然来られて、超ビックリした記憶があります。

結果的には日本の自動車メーカーはアメリカで多額の投資をすることになり、トヨタはGMからキャバリエという小型車を買って販売することになりました。当時CM契約金トップの所ジョージを起用し、「らくちんキャバリエ」のキャッチフレーズで大々的に販売しました。

ビジネスマンの大統領は、ビジネス重視になりますから、当時の日本はバブル崩壊していたものの、それなりの経済を有していたので、それなりに評価されていたんだと思います。それは今も変わっていませんから、そんなに悪い扱いは受けない事でしょう。

ただし、安全保障は不安です。なぜなら国防や軍備に詳しいとは思えないからです。本人も分かっているようで、家族や友達を周囲に起用してますが、同時に元軍関係者も多用してます。ただ、ファミリーvs元軍人という対立の際に、ファミリーは軍人に対抗できるのでしょうか?

日本で言えば、孫正義氏や三木谷浩史氏が総理大臣になるような感じです。経済的には敷衍要素少ないじゃないですか。だけど国防って部分は不安ですよね。まあ安倍総理でも十分不安ですがね。

なんで私のような零細企業の社長が思ってるような事を、テレビや新聞でエラそうな事言ってる人々は言わないんでしょうねえ?日本で政治評論家や経済評論家と言われる人々が、ぜんぜん企業経営なんて視点を持ち合わせてないから、そんな視点がないのかもしれませんね。

とはいえトランプ氏がアメリカの核兵器を使用するボタンを押す全権利を持つわけですから、祈るような気持ちで失敗しないように見守るしかありません。だって日本はアメリカの傘の下にありますからね。

なんかロシアのトップがKGB出身で国防に詳しいだけに、その2人のつまらないプライド争いが戦争の火種になるんじゃないかと言う得体のしれない予感がしてます。そんなこと書いてますが、本日はジャカルタ出張中です。

gq1023 at 08:12│
出張中の移動や残業ジャカルタに行ってきました