ギャンブル依存症対策って何?会社の備品

2016年12月19日

海兵隊のリリースにちゃんと書いてありますよ

December/14/2016
第3海兵遠征軍司令官ローレンス・D・ニコルソン中将、沖縄でのMV-22海上への重大インシデントについて語る

アメリカ海兵隊キャンプ・バトラー基地(沖縄・日本)にて 2016/12/14

第3海兵遠征軍司令官ローレンス・D・ニコルソン司令官は、沖縄の浅瀬へ不時着したMV-22オスプレイの件について記者会見をおこない、以下のように語りました。

「本件は海上での空中給油中に、燃料補給パイプがローターブレードと接触して機体にダメージを受けたことにはじまる。」

「給油ラインが外れると機体は激しく揺れていた。」

「パイロットは沖縄の人々や家々を守るため、キャンプシュワブへ向かうことをあきらめ、乗組員を守れる浅瀬に着陸しようと意識的な決断を下した。」

「全5名の乗組員は全員救助されキャンプフォスター海軍病院に運ばれた。3人が病院から解放され、2人はまだ入院している。」

「迅速な対応のために海上保安庁が協力してくれたことに感謝したい。と同時に現場保護のために尽力してくださった沖縄県警のサポートにも感謝を表したい。」

「そして、アメリカ空軍第33レスキュー隊の救助活動にも感謝を表す。」

ニコルソン司令官は
「沖縄の人々の懸念事項に対し、日米安全保障におけるMV-22の重要性と安全性を強調したい。」とも語った。

また「このインシデントがココで起こったことは残念だ。」とも語った。そして「沖縄の人々による負傷した乗組員達への祈りと思いに感謝します。」との思いを口にした。

「私たちのチェックリストと飛行手順の安全性が確認されるまで、在日海兵隊の全すべてMV-22の飛行を一時的に停止する。」ことも発表しました。

安全性と環境保護の重要性から、現地での最初の調査が行われています。事件の正式な調査が開始されておりますので、調査完了まで、事件の原因に関する詳細情報はありません。

gq1023 at 18:44│
ギャンブル依存症対策って何?会社の備品