2016年12月14日

オスプレイ墜落

8cdc0655.jpg沖縄でオスプレイが墜落しました。報道では不時着となっていますが、不時着した所が海水面だったので大破してます。軍隊の人じゃなかったら「ヘリ墜落した」って言う事態です。

HH60ヘリで乗組員5人を全員救出したらしいですが、このHH60ヘリはペイブホークと呼ばれ、撃墜され海上に着水した乗組員を救出するヘリだと言われていて、どうでもいい事ですが、個人的に実際にこの目で見たい機体です。が、3年前に沖縄で墜落していて、なかなか見れません。

先日開始された「吊り下げ訓練」に対する抗議活動が行われてる最中に墜落ですから、まあ抗議活動が活発化することは間違いありません。翁長知事もまた叫ぶのでしょう。

ただ、軍用ヘリは墜ちるのです。訓練は実戦より厳しい物も多いですから、墜ちる確率は上がるのです。遊覧ヘリじゃないですし、有視界で夜間飛ぶ訓練とか危ないんです。だからこそ普天間は危険。辺野古沖への移設を早急に進めるべきだと思うのですよ。

来週には北部訓練場が返還されるのですが、高江ヘリパッド問題として報道されてたヤツです。難しい話しじゃなくて、北部訓練場内の返還予定地にあるヘリパッドを、返還しない場所に移設するだけで大騒ぎでした。それも7か所を6か所に減らしたのに抗議活動。

沖縄の抗議活動ってのは政治活動なんですよ。民新党による反対のための反対みたいなもん。自民党を敵にすると当選する議員たちと支持者の活動なんですよ。またプラカード印刷して、ハチマキ配っていろんな組織に弁当や日当配ってデモやりますよ。

ちなみに、このオスプレイはプロペラ2基ですが、これを倍の4基に増やしたスーパーオスプレイ構想ってのも立ち上がってます。部品の共用化を図るそうでプロペラ2倍なら騒音も2倍!反対のタネをどんどん与えてガス抜きを図るアメリカ軍の凄さを感じております。

gq1023 at 05:49│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字