2016年12月11日

しっかりせんかい広告業界!

img-oronamin_c日本メーカーに勢いがない。技術も開発能力もあるのに販売力がないからですよ。今世の中に出て来てる先端技術というものは、何十年も前にとっくに開発されれた物ばかり。何度も販売に失敗して、何度目かで成功するまでに何十年もかかってる。

裸眼3Dの技術なんて40年以上でしょ。シャープも松下も30年前には裸眼3Dは製品化可能なまでのレベルで完成させていた。でも売り方が分からないまま月日が経ってるんですよ。

全自動洗濯機だって日本の製品は超高性能。オーブンレンジなんて大変なテクノロジーが詰め込まれてます。本来なら世界を席巻してもおかしくない。でも現実は甘くないんですね。日本でしか売れてない。

必要ないレベルまでの技術が投入される「オーバースペック」って意味ないんですよ。自動車なんて電子化が進んで、明らかに日本車が外車よりいいんだけど、ブランディングで負けてる。BMWやメルセデスやAUDIの方が圧倒的にブランドパワーがあるんです。

私はね、これらの事象ってすべて広告業界がダメになってるからだと思うのです。売るための何かを考えるんじゃなく、広告代理店は広告発注を待つだけの受け身だし、メディアもただ広告を出すだけ。頭をひねらなくなってる。

「世界を変えてやる!」って気概に満ちてない。「売れない物でもうってやる!」ってなってない。そんな気がするんです。私なんかバカだから、常に「石ころでも売ってやる!」と言ってましたよ。そうじゃなきゃねー。

家電メーカーの製品なら、家電量販店に置いてもらうための「セルイン」が重要。仕入れたいと思わせる仕掛けづくりね。それこそ広告代理店の仕事ですよ。ジーンズだって食品だってみんなそう。売るための棚がなきゃ売れないもん。

今、エドウィンとかビッグジョンのCMを大量に流したって売れるわけないですよ。だって売ってる店がないんだもん。「セルイン」できてないのに「セルアウト」部分の広告だけやっても意味がない。それを立体的に考えるのが広告代理店です。

ドラッグストアに「大量陳列コンテスト」なんてのを仕掛ける。段ボールの陳列棚と装飾用印刷物を「大陳キット(タイチンキット)」にして用意。

バイヤーに「おたくのチェーンだけのコンテスト用意しました。キットで飾った店頭写真で1位の店に100万円。2位に50万円。応募するだけで1万円を進呈します。商品の仕切値もキャンペーン期間中だけ72%を60%にします。」なんてのを仕掛けるのね。

そういう当たり前の事を知らない広告マンが激増してる。「大陳コンテスト」って検索したら大量にヒットしますよ。世の中の常識を広告マンが知らない。それじゃあ物が売れるわけがない。

自動車やテレビだって新しいのが出たら「プレイスメント」といって展示するんです。どこに展示するか?それが勝負ですよ。高級車なら都心のガソリンスタンドに朝一番に行って洗車を頼む。「夕方取りに来ます」と言って置いておく。会場費タダですよ。

昔はホテルの玄関回りや空港によくプレイスメントしました。空港駐車場のターミナルと駐車場をつなぐ橋のギリギリの場所を確保して置いておくんです。ぜんぜんお金なんてかからない。テレビなら調剤薬局とか美容院に「置かせてください」って行くわけですよ。

売り場所と売り方決めるのが広告仕事の90%ですよ。メーカーは欠品しないように頑張る。最後の10%が生活者に向けたCMや広告です。90%の所で汗をかかないから売れない。10%のとこだけやっても売れるわけがない。

商売ってのは泥臭いもんですよ。汗臭いもんです。地べた這いつくばって、バイヤーにスマホや湯のみ投げつけられ、販売店の店員に「売れない」と言われ、生活者に「つまんない」とか言われて、それでも歯を食いしばって売る。

「売る」ことが企業を活性化し、その社員や家族を繁栄させ、その連続や継続が国家を繁栄させる。そうやって戦うしかないんですよ。

私はプランナーですからね。「駅のコンコースや空港ロビーに車展示させて触らせたいんですよ」とか言われてもね。小手先もいいとこでしょ。その展開にどんな理念があるの?熱意があるの?やっつけ仕事につきあえって言うなら、他にもプランナーいっぱいいるでしょ。

商品の販売スケジュールも、販路も、販売目標も提示されず、「3月に新商品出るんで企画立ててくださーい!」なんて口頭で言って来るのあり?「いいアーチストなんですがいいタイアップないですかねえ」なんてオリエンあり?少なくとも書面にしろよ。紙でよこせって。

そんな事を、外面悪い感じでなくニコニコ笑ってメーカーやメディアに伝え、あらゆる商売の懸け橋となって馬車馬のように働く覚悟が、今の広告業界には欠けてるような気がします。偉そうな事書いてごめんなさい。明日から黙ります。

gq1023 at 07:18│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字