TPPに対し民進党はどういう方針なのか?インタービー開幕

2016年11月15日

電通社員研修の変化

電通には営業ノルマも業務ノルマも出退勤の確認も業務連絡もない。あるのは徹底した意識づけだけだ。

今は出退勤管理もあるのかもしれないが、少なくとも私がいた17年前はなかった。正確には手書きの勤務表があって、月末にまとめて書く。適当に9:30出社の20:30退社で全部書けば60時間の残業で36協定内にはまってバッチリだった。

営業成績なんて細かい管理ゼロで、ざっくり100%超えろと言われる。必達なんだけど作戦はゼロ。強制も強要もされない。会社にいてもいいしいなくてもいい。たまに来る程度の人もいて、とにかく数字だけは根性で達成するんだという認識だけが共有されてる。

電通社員が「お得意」と呼ぶ広告主のオーダーが最優先。広告主の利益を最大化させることがサービスの優先事項であり、お得意の困ったことは全面的にサポートする。コンサートのチケットがなければ手に入れるし、花見の場所が必要とならば手配する。

手配というが難しくない。コンサートチケットは金券屋をくまなく回りヤフオクで落札するだけだし、花見の場所は大きなブルーシートを買って前夜から並んでおくだけだ。

新入社員研修は座学と歓迎会で構成される。座学が9時半から17時半。当時は築地本社の13階会議室での座学だが、新入社員は1階から階段で上がらなければいけない。そして17時半の座学が終わると走って1階に集合。そこから本番の歓迎会がはじまる。それは飲み会だ。

いい大学を卒業し、強いコネや裏技を使って入社して来た新入社員に社会を教えなければいけない。単に優秀だから入って来たヤツも同じだ。「今までの優秀という定義が全く役に立たない世界=社会」に入ったことを痛感させられる。

30代と40代の先輩がリーダー&サブリーダーとなって10名づつぐらいに割り振られたグループを、夜な夜な飲みに連れ歩く。時にはお得意様が時には新聞社や放送局の偉い人が来て、新入社員が「お前らがエライんじゃないぞ」と言われまくる。「大学も会社も入れてもらっただけでお前らは駒だ」と現実を宣告される。

24時になっても先輩たちは帰らない。それどころか同期だとか先輩だとか協力会社だとか言う人がどんどんやって来て飲み続ける。2時を回ってやっとタクシーで帰るのがその研修の見えない掟だ。それが30日以上も続く。人格もプライドも全部壊されて新しい「電通人」という人間に生まれ変わるための儀式だ。

その研修が昨今ユルイらしい。もう上場した頃からユルイらしいので15年も前から厳しい飲み会がなくなってるそうだ。普通に楽しく飲んで帰ってるだけじゃあ人格は破壊されない。厳しさも伝わらない。

研修期間中はそれでいい。だが社会に出たら絶望的な日々がやってくるだけじゃないか。怒鳴る広告主なんていくらでもいる。会議室に入った途端に目の前のお茶をぶっかけるお得意だっている。「どうしてくれるんだ!お前のせいだぞ!」なんて叫ばれるのが日常になる。

だからこそ研修で徹底的に体にしみこませなきゃいけない。社会というのはそういう場所なんだという事を。

寒い雨の冬空の下で交通量調査のカウンターをカチカチと押し続け12時間。そこで手にするお金はたったの1万円ほどでしかない。近くのトイレを自分で探し、食事の調達も食べる場所も自分で確保して1万円なんだと。そうやって我々下々の者は社会の厳しさを学んで来た。

でも親の金で大学に行き、下宿代も払ってもらって就職も大手の安定した所を狙ってるヤツは社会の厳しさを知らない。そんな温室培養の生物を野に放ったら何が待ってる!?社会にはバイキンがウヨウヨいる。獰猛な野獣も山のようにいる。生きるのは大変だ。

軍隊でも訓練は実戦より厳しいと言う。研修は訓練だ。訓練のユルさが実戦での打たれ弱さにつながっていないか?社員の命を守ると言う視点で、研修期間中に徹底して社会の怖さや恐ろしさを叩き込むことが必要なのではないか?

新入社員が入って来た時、上司からは「飲みに連れ歩け。30分おきに"そろそろ"の言葉ではじまるワードを繰り出せ。新人は"そろそろ"と聞くと終わりをイメージする。"そろそろ"は始まりの時間であることを叩き込め!」と言われた。そうやって教育する。

「そろそろ歌うか」「そろそろ次の店だな」「そろそろゲストが来る時間だ」「そろそろヤツを呼べ」「そろそろ事務所に戻って仕事するか」本当にそろそろが始まりのワードとなった。そして言われる「飲んで帰ったら朝は絶対に遅刻するなよ」と。

電通は「そろそろラストオーダーのお時間です」という社員を作りだしてはいけない。

それには24時間戦える勤務体系や陣容を装備し、それでも憧れを持って入ってくる社員を確保できるようにするしかない。「あそこ24時間体制でしょ」は普通だ。トヨタでもホンダでもそう。牛丼チェーンもコンビニもそうなのだ。そこが電通改革1丁目1番地だと思う。

広告の鬼・吉田秀雄、業界地位を引き上げた大局的判断
吉田秀雄、電通「鬼十則」

gq1023 at 08:07
TPPに対し民進党はどういう方針なのか?インタービー開幕