親父のお見舞い榎戸育寛の未来とクラウドファンディング

2016年11月07日

2016全日本ロードレース最終戦を終えて

73d1b97c.jpgいろんなことがありましたが、今年の全日本ロードレース全日程が終わりました。エースライダーでJ-GP2クラスに参戦して来た大木崇行選手は今年をもってモトバム卒業だそうです。

ST600クラスの榎戸育寛選手は昨日初優勝を遂げ、さらに大逆転で年間チャンピオンも獲得しました。大した高校3年生です。詳しくは各社のレポートをご覧ください。
ホンダ公式レポート
MFJオンラインレポート
オートバイ誌レポート

モトバムさんにとっては初優勝で初チャンピオンだそうです。2008年に8耐用にバイク貸してくださいって言った時はフル参戦なんて思いもよりませんでしたが、今やサーキットではおなじみのチームになりました。天国で池澤さんも毎レース喜んでるんじゃないかと思います。

来年の鈴鹿8耐のシード権も確保できているそうですので、夢のような話しばっかりなのですが、今夜行バスで鈴鹿から帰って来たばっかりで、いろんなこと考えてる余裕がありません。ただただ言えるのは「みなさま今年もご声援本当にありがとうございました」ということです。

何よりも社長のヤスコさんが鈴鹿に来ていて、そこで一緒に感動を分かち合えたことも最高の時間でした。優勝賞金どうするとか、来年どうするとか考えなきゃいけないのですが、まずは今年の締めと言うことで、今日の所は終わらせてください。ふー、おつかれさまでした。

親父のお見舞い榎戸育寛の未来とクラウドファンディング