空港整備なくして未来なしオリンピックなんかたかがスポーツイベント

2016年10月25日

「私にはまだ早い」なんて時期はない

国会議員で役職を得ようと思ったら、衆議院議員4期当選は最低ラインでしょう。自民党なんて5期以上当選しても大した役職についてないのがいっぱいいます。

任期4年で5期ってことは20年。解散とかあるからまあ15年。その前に秘書を5年やれば20年。50歳で入閣しようと思えば、普通に考えて30歳の時には秘書になって立候補へ向けて動かないといけない。

その前に地方議員やってからなんて考えてたら、秘書3年、地方議員2期8年、衆議院議員5期15年で26年。大学出たらそのまま秘書にならないと簡単には入閣できない。

こんなの企業に入っても同じですよ。新卒気分抜けやらぬ感じで5年もいたら27歳でしょ。主任とかつけられて、32歳ぐらいになると係長で40歳で課長となって管理職だからという理由で残業カット。50歳で部長や役員になるには入社即活躍しないと待ったなしです。

40代後半になってそれに気づいてるようじゃ遅いんですが、20代の時にそれを教えてもらえなかった。そもそも先輩を立てろとか敬えとかの教育しか受けて来なかった。

ところが海外には「先輩」って言葉すらないんですよ。会社で言えば、そこにいるのはBOSSとCO-WORKERだけ。学校で言えば先輩は全部Friendです。先輩なんていないし年功序列なんてないから全部競争相手なわけで、ガツガツ戦うんですよ。遠慮なんかしない。

そもそも先輩ってのが日本の諸悪の根源じゃないですか?就職に見習いなんてないですよ。就職したらもうプロでしょ。後輩とか新人って立場に逃げて何年間か過ごしちゃう。その間に大きな開きが世界中と出来ちゃう。

先輩を敬えってのは敬って欲しい先輩のエゴじゃないですかねえ。普通は若いのには負けないぞって戦わなきゃいけない。早く生まれた程度で偉そうにできるわけがない。世の中に「私にはまだ早い」なんて時期はないですよ。

その常識が覆らない限り、日本に30代や20代の総理大臣は誕生しないような気がするし、その年寄りの群れみたいな国会・経団連・経済同友会・連合等が一気に若返るとも思えません。そんなことにいら立ってる朝です。

gq1023 at 04:18│
空港整備なくして未来なしオリンピックなんかたかがスポーツイベント