ピコ太郎とオリンピック開閉会式「私にはまだ早い」なんて時期はない

2016年10月24日

空港整備なくして未来なし

e0d2fad6.jpgここ10年以上にも渡って、日本がアジアの中でどんどん遅れていくのを感じます。遅れていくと言うのは柔らかすぎて、実際には突き放されているという感じさえします。

ACI(国際空港評議会)の2015年国際線旅客数ランキングトップ20では、1位ドバイ、3位香港、6位チャンギ(シンガポール)、8位仁川(韓国)、11位桃園(台湾)といった感じで続き、成田はアジア最下位の17位と悲しい結果です。

全体利用者数のランキングを見ても2位北京首都国際、5位羽田、8位香港、13位浦東(上海)、16位チャンギ(シンガポール)、17位白雲(中国・広州)、18位スカルノハッタ(ジャカルタ)、20位スワンナプーム(バンコク)といった感じで、国際線と国内線で分離してる悪影響が良く見て取れます。

「全体利用者数ランキングで羽田5位じゃん」て思っちゃダメですよ。北京首都国際ってものすごい巨大な空港です。なのに拡張整備もしてます。しかも北京には別に北京南苑という国内線専用空港もあり、さらに来年開港予定の北京大興国際(写真)が整備されてます。

その整備してる規模がすごい。今の北京国際首都が年間9000万人ほど受け入れていますが、北京大興国際は1億3千万人対応想定です。そして滑走路はなんと8本。広さ55キロ平方メートルという巨大なものなんですよ。

ちなみに成田は滑走路2本/面積が11.5キロ平方メートル/3500万人。羽田が滑走路4本/15.2キロ平方メートル/利用者7500万人ですから、お話しにならない感じです。

上海も同様で、浦東(プートンと読みます)は滑走路4本で6000万人を受け入れていますが、昔の虹橋(ホンチャオと読みます)も滑走路2本で4000万人。この2つを足すと成田+羽田と同等に見えますが、浦東と虹橋はもっと近いんで便利なんです。しかも浦東は拡張工事中。

それだけじゃない。広州白雲は羽田とほぼ同規模の敷地で6000万人が利用してるのですが、何よりもフェデックスのアジア最大のハブ拠点になってますから、航空貨物の量がハンパない。羽田なんて足元にも及ばないレベルです。

昔の広州って街のすぐ横に空港があって、タクシーで20元も払うと運転手さんは大喜びしてくれたものですが、「20kmも郊外に空港整備します」となったら急に高速道路はニョキニョキ伸びるし地下鉄は走るわで、今や高速で街からズドン。地下鉄も走ってます。

交通インフラって何よりも大切ですよ。都営地下鉄大江戸線が出来た時「なんでこんな誰も乗らない路線作ったんだ」って質問が都議会で出るほどだったのが、今や「なんでこんな小さな車両の地下鉄にしたんだ」って言われてますからね。先に交通インフラがあって人が付いてくる。

都心から羽田も遠いですよ。タクシーで7千円ぐらい。だって20kmあるもん。成田空港なんて2万超えるからね。70kmは遠すぎるでしょ。成田から羽田の乗り換えにタクシー使うと3万っすよ。あり得ないんですけど、このまま放置するんですかねえ。

もうオリンピックまでに空港整備する時間的余裕はありません。そっちは小手先でやるとして、未来への投資が必要ですよ。羽田を広げるなら今の倍ぐらいには広げたい。第一航路どうするかとは騒音の問題とかありますが、計画無くして検討ナシですもん。

JR東日本は3つの羽田アクセス路を提案してます。1つ目は使ってない貨物線につなげて東海道線に合流させて東京駅に向かう路線。2つ目は埼京線や湘南新宿ラインが走ってる山手貨物線を分岐&延伸させる路線。3つ目は臨界高速鉄道を伸ばして新木場に向かう路線。夢あるじゃないですか。

あとは国が予算付けてGOするだけでしょ。こんなの遅らせてたらどんどんアジア各国に引き離されるだけですよ。再度書きますが、北京新空港って来年開業ですよ。中国高速鉄道って2万kmですよ。日本なんて3000kmちょっとでしょ。

どうせモタモタしてる間に中国は「高速鉄道リニアモーター化事業開始」とか言ってはじめて、また気づいたらニョキニョキ線路ができて一気に置いて行かれるんですよ。

未来の日本へ向けた交通インフラ整備をしない政府や与党は、未来を捨てて今の自分の議員という立場が欲しいだけの老人迎合型職業議員の群れでしかないと感じます。

kakutyou

gq1023 at 06:31│
ピコ太郎とオリンピック開閉会式「私にはまだ早い」なんて時期はない