日比谷バルナイト残業は強要されてやる物という幻想を捨てるべきだ

2016年10月20日

すでにある物を切って目立つ

ゴーン氏が日産に来て、いろんな物をバシバシ切ってたのは懐かしい話しですが、大阪府知事時代の橋下氏も同じ手法でした。これ、目立つんですよ。だから注目集めやすい。しかも「やってる感」出るしね。

だけど、実際には新しい何かを生み出してるわけじゃないので、多方面に切り捨てによる弊害が出て来る。

オリンピック・パラリンピック関連予算を切ろうとしてるのが話題ですが、新国立競技場のプランを白紙にしたじゃないですか。その白紙に戻す違約金が68億円ですよ。アホみたいですよねえ。これ、他の施設でも全部かかります。

近年建設費は高騰してるんです。大手ゼネコン各社の売上&利益ってバブル期を超えてますからね。東京都の最低賃金だって平成20年の766円が932円。実勢では1000円超えてますんで、人件費で3割アップしてる。

与党は末端層の票を得るには最低賃金アップだと思い込んでるから上げますよ。そうすれば確実にオリンピックの開催経費は上がるんです。警備員や運営バイトの費用はうなぎのぼりですよ。

「300億が500億になるのってどういうことですか?」って言ってますが、東日本大震災の後に労務単価が3回も上がってます。平成25年に13,072円だったのが16,678円ですからね。政府が上げてるんだから工事費は上がりますよ。

しかも建築ラッシュで人手が足りない。儲からない公共工事やるぐらいなら民間の仕事を受注した方がいい。東京駅周辺だけでも山ほどビルが建設されてます。渋谷・赤坂・虎ノ門・新宿と様々な場所で高層ビルがガンガン建設されてます。

警備も土方もどんどん高くなってる。建設工事の受注単価は8年前の1.5倍近くじゃないですか?高くなってる理由は明快ですよ。

そもそもオリンピック・パラリンピックの競技会場とか見た事ない人ばっかりでしょ。私みたいに何回も言って運営に携わった経験ある人そうそういませんよ。何をやるのに何人の人出が必要か分からないでしょ。

ボランティアって集まらなかったらお金払って雇うしかない。ド平日に1か月も休める人はそんなにいないから、何十万人ものボランティアなんて雇用できませんよ。運営費も激増することでしょう。

そんなわけで、切れる所を切ることが大切ですが、何よりもお金がかかるのは人件費ですから、一番の節約は早期にボランティアの受け皿を用意して、ボランティア事前受付登録者を100万人程度確保することじゃないかと提案しておきます。

gq1023 at 06:33│
日比谷バルナイト残業は強要されてやる物という幻想を捨てるべきだ