ケンカの結果議員報酬削減

2016年10月13日

スズキがトヨタと提携

30e552ce.jpgスズキの鈴木修さんはすごいですねえ。以前GMと提携した時もVWと提携した時も鈴木さんでしたが、今度はトヨタですよ。「素直に相談した」というからスゴイ。

スズキは中国に匹敵する人口を持つインドで圧倒的シェアを持ってるわけですから、どの自動車メーカーとも交渉できるのは確かですが、中国で強いVWやGMと組んでも上手く行かなかったのは、社員だと判断したのかもしれませんねえ。

要するに、日本人と日本人でやったほうが上手く行くんじゃないかという事ですかね。アメリカ人やドイツ人とやるよりもスムーズじゃないかと。提携の経験はトヨタより豊富ですから、その意味でもスズキからいろいろ教えることもできますよよ。

トヨタは8月にダイハツを完全子会社化していて、軽自動車経営のノウハウを学ぶ必要があった。その相談相手ができるのも心強いでしょう。そもそもどちらも遠州の織機メーカーだってこともありますしね。

日本の自動車メーカーは、トヨタ系(トヨタ・スバル・ダイハツ・スズキ・日野)、ルノー系(日産・三菱)、ホンダ、マツダとなりますから、独立系のホンダやマツダの動向が気になる所です。

2015年の販売台数ランキングを見ると、スズキは10位で278万台、マツダは15位の151万台ですんで、マツダのほうが結構大変そうでして、実際昨年30年以上も提携していたフォードとの資本関係が解消され、フォードは日本での販売から全面撤退を発表してます。

昨年、マツダはトヨタとの提携を発表してましたから、順当に行けばマツダもトヨタグループに入るのかもしれませんねえ。7位のホンダが創業以来現在に至るまで唯我独尊状態なのも逆にスゴイですがね。

最初に手を付けるのは小さな部品の共用化でしょうから、取引先各社は衝撃が走ってることでしょう。もしかしたらトヨタ系とスズキ系部品メーカーの合併交渉等がまず進むのかも知れません。スズキがインドでトヨタ車製造したりもありですね。両社の未来にワクワクしたいと思います。


gq1023 at 07:39│
ケンカの結果議員報酬削減