そんなに都民って東京都に税金収めてる???今チープカシオが熱い!

2016年10月02日

浜田タクシー自己破産の衝撃

1682195c.jpg鳥取県浜田市で浜タクと言えば最大手。海水浴場として有名な浜田ですから、利用した方も多いでしょう。自信破産申請の準備をしているそうです。

じつは最近地域で有名なタクシー会社の破たんが目立ってきてます。先日も神戸の老舗であった灘タクシーが自己破産しました。仙台の光タクシーも自己破産。仙台では去年も宮城野交通が倒産してますが、あちらは新参でしたんで、光タクシー自己破産は衝撃が走りました。

京都の京聯自動車もなくなりましたよね。大きな行灯の青タクシーで有名でしたし、修学旅行の貸切で乗った人も多いと思うのですが、ダメになっちゃいました。

そういえばサンフランシスコの老舗で最大手イエローキャブも倒産しましたね。こちらは配車アプリ「Uber」「Lyft」の影響が大きいと言われてます。一般ドライバーが使ってない時間帯に人に車を貸す仕組み「UberPop」ってのが起爆剤となり、多くの人々が登録してるので、タクシー呼ぶときも「Uber」使う人が増えちゃって、ドライバーも「Uber」に移行してるようです。

この「Uber」、日本でも東京でサービスが始まってますが、個人ドライバーのカーシェアリングは日本では違法でできないことになっていて、「Uber」もあまり普及してません。ヨーロッパでも同様で、個人カーシェアリングを違法とすることで必死に普及を阻止してます。

とはいえ、いずれ日本でもアプリ配車が普通になりますよ。そうすればドライバーも無駄に駅につけたり走り回ってお客さん取らないで良くなる。乗る方も「残業後は高級車で帰りたいな」と思ったらアプリで車種を選べばいい。ベンツでもレクサスでも選択できます。

東京には「スマホdeタッくん」ってのがあって、都内法人タクシーのおよそ55%が配車可能なんですが、レスポンスはいいものの、結局一番多い車種クラウンコンフォートが来ちゃう確率が圧倒的に高くなるんですよ。同様に日産セドリックもね。ちょっと残念。

高級車タクシーだけが呼べる「レアタク」ってのがあるんですが、iPhoneしか対応してないので、アンドロイドの私には使えません。うー残念。

ただ、今後はアプリ配車が普及しますよ。それこそアマゾンが「AmazonCab(アマゾンキャブ)」なんて名前で始めたらネーミングもいいし普及する可能性大です。全国にCM打って「タクシーはアプリ配車のアマゾンキャブ!」「加盟企業募集中」とかやったら大変なことになるかもですね。

利用する企業だってタクシーチケット廃止できますよ。企業コードと社員番号とパスワード入れたらオンライン決済できるようにできる。リアルタイムで社員の使ってるタクシー状況が把握できるわけです。距離・時間・金額が手に取るように分かるってことですね。

タクシー会社も車両の運行状況がGPSでリアルタイム把握できるといいじゃないですか。無駄に走らさないで良くなるし、どっかで油売ってるヤツも瞬時に把握できる。

まだ日本ではIT投資前の段階で倒産が相次いでますが、サンフランシスコのようにIT導入が遅れた会社の倒産も増えて来ることでしょう。現時点でいろんなコストカットが必須の会社は今後のIT投資は無理でしょうから、それを見据えて計画倒産する会社もあるかもです。

ただ、日本では倒産したタクシー会社は比較的スムーズに売却されます。北九州の第一交通産業は今や全国展開してますから有名ですよね。沖縄では路線バスもやってて、沖縄バス以外の3社(琉球バス/那覇交通/東陽バス)は全部第一グループです。タクシー保有台数約8000台。今後のタクシーIT化の流れは、この第一交通産業グループがカギを握ってるかも知れませんね。

gq1023 at 05:40│
そんなに都民って東京都に税金収めてる???今チープカシオが熱い!