お金稼ぐのって大変車載型ビジネスの可能性について

2016年09月27日

福山雅治コンサートの事故

3d0bd911.jpg25日夜に福山雅治コンサートのエンディングで使われた演出用の銀テープが、スタッフの目に当たったって話しですが、これ目には当たらないまでも、体に当たるのは日常茶飯事です。

業界用語で「銀打ち」って言うんですが、銀色や金色のテープをガスの圧力で撃つんです。あのサッカー女子ワールドカップで飛んでた金吹雪ありますよね。あれも銀打ちです。銀吹雪とか銀テープがあって、金色のテープでも銀打ちといいます。「銀打ち金テープで」なんていいます。

総称で特殊効果って言うんです。例えばドライアイスやスモークもそうですし、マグネシウムや低温花火などもよく使われる演出です。

ただ、東京ドームクラスになると、ものすごい圧力を加える必要があるんで、安全距離の管理が重要になります。要するに打つ前にキャノン砲の前に人がいないかどうかの確認ですね。

ただ、通常は人が歩いてる場所に撃ちますから、リハーサルで「エンディングに銀打ちあるんで立ち位置守ってください」と言っていても、2時間もライヴした後だと忘れちゃってる事も多く、よく直撃事故がおきます。

今回は特殊効果をやる会社のスタッフに当たったらしいですから、普通に考えればキャノン砲のすぐ横で安全距離確保作業中に、誰か目の前に通ったんでしょうね。それを制止しようとしたんじゃないでしょうか。眼球破裂だそうですんで大事故です。

私もそうですが、特殊効果やるスタッフって花火の資格を持ってるんで、安全距離に確保ってのは徹底して学んでます。でもステージ上や裏方スタッフの大半は資格を持ってないわけですから、やっぱ危ないんですよ。

コンサートやディナーショーって設営撤去時の事故も多く、死亡事故等もありますんで危険が伴うものです。短期間で設置する仮設物ですから、いろいろ問題もあるんです。私の現場でも高い足場からスタッフが落ちて骨折とか、指切断なんてこともありました。

ちょっと自分も日常的に使う演出だけに、銀打ちだけじゃないですが、イベント会場の安全管理をより一層徹底しようと思いました。


gq1023 at 06:08│
お金稼ぐのって大変車載型ビジネスの可能性について