「もんじゅ」を廃炉にして「新高速炉開発」へ小脳に刻む

2016年09月23日

建築関係者の大半は図面なんて読めない

47ab4285.jpg大手デベロッパーとかゼネコンの人でも、設計図面を読める人ってほとんどいません。だって大半は文系大学出身だし、読まなくても建ちますから。設計とか建設の部署の人がちゃんとやってくれてると信じて回っていきます。

例えば大規模なビル開発や市街地再開発があるとして、用地取得に10年はかかる。敷地調査して、環境アセスメント調査して、行政交渉して、住民説明会して地域での合意形成までに20年はかかる。もちろん資金調達も必要ですからね。事業を最初から完成までやったって人でも、20年で1件しかできない。

ところが我々バブル世代は、その20年かかるヤツを2年ぐらいですっ飛ばして、当時の40代や50代も経験したことないような高層ビルや大規模マンション建設を20代で現場を任せてもらってたから経験が豊富だし、現場を回すためには必死に図面読むしかなかったから読めるようになってる。

何よりも重要なことは、インターネットなんてないから必死で知識を身につけるしかなかったわけ。今の人みたいに「検索」して「知ったか」するのは無理でしたもん。CADも末端までは普及してなかったから、ドラフターにステッドラーの鉛筆でしたよ。まあパソコンどころかワープロ自体が部署に2台とかの時代ですからね。

図面広げて三角定規片手にケンケンガクガク。分からない事は徹底的に確認する。素材見本もらって、価格や強度や仕上がりや過去事例などを勘案して、いろんな物を決めて行きました。

マンションにフローリングや浴室乾燥機が導入されたのも我々の世代からです。アンボンドスラブなんて柱や梁を居住スペースの外にする手法も我々の世代で急速に増えましたし、カーテンウォール工法が中層建築にまで広がったのもそうでした。

ステージの図面、博覧会のパビリオン図面、マンションの販売センター図面も描いてましたからね。自分で描いて一級建築士事務所でチェックしてもらって強度計算などをつけて建築確認申請です。そうやって来たから図面を読めるし描ける。

そもそも建設現場の大半は1人親方と日雇いですよ。図面通りに仕上がるわけない。勝手に仕様変更するし、思い込みで建てちゃう。逆に優秀な1人親方は、設計図面通りに仕上がらないものを、現場の経験と勘によって現場合わせで切ったり削ったりして収めちゃう。

だから、最後の仕上がりは全然変わってきます。変わらないようにするには徹底した監視が必要だし、現場から設計変更提案があったら、ちゃんと工期を変更してでも理にかなった設計に修正して行くことも重要です。でもそんなのしないっすよ。工期とコストが最優先だからやっつけ仕事オンパレード。

杭打ちだって経験則です。固い地盤に届いたら杭打機の音が変わって動きがゆっくりになるから、それをもって杭が打ち込まれたと類推するんです。だって、ずーっと振動してるからプリンター壊れるのは日常茶飯事。過去のデータ見れば分かりますが、大半は過去のコピペですよ。実データじゃない。

建築業界とかデベロッパーなんて言っても、フローリングの遮音等級LL-50とか、仕上げのタイルは二丁掛けとか言っても分からない人がほとんどなわけで、そんな部品レベルで分からない人が図面なんて読まないということを、世の中の人は理解したほうがいいなーと感じてます。

ぶっちゃけ、1人親方と日雇いで建設してるわけですから建築物なんて建ってみなくちゃわからないし、建って引き渡してからも山ほど手直しして、それでも完全には直らないままいろんな事がウヤムヤで終わるのが建築です。

安藤忠雄先生が前回の国立競技場案の選定理由について質問されたら「あんな大きいもん造ったことないから分からない」って言ってたでしょ。まあ巨匠であんなもんです。豊洲新市場も会議出席者の教授達が「私は悪くない」って言ってるでしょ。そんなもんです。

大学教授なんてビル建てたことないもん。経済学の教授が銀行や会社を経営したことないのと同じですよ。音楽大学の教授みたいにバリバリの音楽家だったらいいけど、建築学者なんて全然信用できません。

東京都が建てた東京国際フォーラムなんて、搬入口の高さが3.7メートルだから、コンサートツアー車が入らない。コンサート会場なのにですよ。アホすぎるでしょ。そんなの山ほどありますよ。それが現実です。

近年の建設業界で一番大きな進化は足場です。今までは高さ1700mmが常識でしたが、なんと1900mmの「Iqシステム足場」が登場したのです。これで建設作業時に「しゃがむ必要」がなくなりました。劇的に安全性と快適性がUP!今までこれすら思いつかないのが建築業界のIQですよ。

いやなら自分で設計して自分で建てるしかない。悲しいかなそれが現実かもしれませんね。町の工務店さんも信じて良いか分からないし、CMやってる所がちゃんとしてるかどうかも分からないですからね。

ashiba

gq1023 at 05:41
「もんじゅ」を廃炉にして「新高速炉開発」へ小脳に刻む