築地市場移転問題って???新築地市場の地下に水が溜まってる件

2016年09月14日

ホンダとドカティに元気をもらう

04c9a810.jpgホンダとドカティは今ではバイクメーカーであったり自動車メーカーでもあったりしますが、元々戦前からある企業でした。ドカティは総合電機メーカーであり、ホンダは部品メーカーだったと。

それが、戦争で敗戦したことによってバイクメーカーになっていくのですが、写真のような自転車にエンジンをつけただけのバイクで戦後の自社と自国の復興に賭けます。これ、イタリアと日本の復興に多大なる影響あったと思うのですよ。だってバイクがあったら、どんな重い物でも運べますもん。

まあ実際にはドカティはシアタって会社が造ったエンジン付き自転車の製造を委託され、そこから販売権を買収したわけですが、ホンダは自転車にアメリカ軍の発電機エンジンをつけたわけで、バイクメーカーとしてのスタートは、自社開発でもなんでもありません。

だけど、そこから今に至るってすごいですよねえ。ぜんぜん違う第二次世界大戦の敗戦国で、同じように会社を立ち上げて、同じように「世界に名を上げるのはレースだ!」と確信してレースに打ち込むってすごいと思うのですよ。

最初は食うためにやった事業でしょう。その中から社会的意義をみつけ、自分のやりがいも見つけ、社員の生活を維持するようになり、世界に夢を届けるまでに成長するって、とってもすごいですよねえ。

ドカティの歴史の最初はラジオだったそうです。そこから総合電機メーカーにまで発展し、戦中は軍用無線機を製造していたそうです。ラジオで事業を成功させたメーカーって何かソニーと被りますよね。そう、ドカティってそこにも親しみ沸くんですよ。

会社やってると、当り前ですが毎日が資金繰りでヒーヒー言ってる感じなわけです。だけど、大きな会社はもっとヒーヒー言ってるわけで、そんなこと気にせずに頑張るしかない。そう思うんですよ。

全日本選手権や8耐に、自社の名前が書かれたバイクが走るなんて思っても見ませんでしたもん。だけど、本気で頑張れば何十年後には「大野」ってバイクや車が世界中を走ってるかもしれないわけです。それが事業をやるってことの醍醐味ですよねえ。

年間チャンピオンどころか全日本優勝すら経験してませんが、たった社員7名&アルバイト10名の小さい会社が毎日を必死に戦ってます。いつかアジア選手権や世界選手権にも出て行きたいなーとも思ってます。夢のまた夢は分かった上で夢って持っていいんですもんね。

そのためには、今のコンサル、広告企画、学習塾、施設管理、イベント、飲食、地域振興の7つの事業を、ちゃんと大きな事業に育てることが大切かなと思って、また都心に事務所を移しました。デスク4台と会議テーブル2台でのスタートですが、とにかく頑張ろうと思います。

「ワークスとか言ってるやつらも自転車にエンジンつけてた程度だったじゃねーか!」って思って、本日も歯を食いしばって町会鉢洗い(祭りの打上げ)の二日酔いと戦いながら出社します。みなさまよろしくお願いいたします。

gq1023 at 08:10
築地市場移転問題って???新築地市場の地下に水が溜まってる件