小池知事ってキャラ薄くなくなくなーい?戸越八幡例大祭終了

2016年09月11日

加藤紘一氏の死去に際して

605c168c.jpgあの加藤の乱は17年も前の話し。旧大平派の会長として圧倒的な人気を誇り、党内最大派閥の竹下派と対峙するYKK(山崎、小泉、加藤)は、自民党内の主流派に抵抗する勢力として、常に話題の中心にいました。

党3役といいますが、政権与党における幹事長ってのは党首と同じなわけで、まあ大変や役割をやってたわけです。官房長官もやってましたしね。首相に一番近い男として平沼赳夫氏らとともに名前の挙がる方でした。

ところが急に小渕氏の名前が出て来て総理となり、小渕政権下で自民党と公明党が連携を組み、さらに小沢さんの自由党とも組むこととなったことに異を唱え、自民党総裁選に出馬したが落選し、次の森政権を倒すためのクーデターを画策し、それが加藤の乱と呼ばれました。

ただ、加藤の乱は不戦敗。派閥まるごと冷遇されることとなり、事務所代表の脱税事件があり派閥の長も降りざるを得なくなり、気が付けば議員辞職となってました。

野中さんとかもそうですが、次の総理大臣候補と言われてから落ちぶれるまでが急ですよねえ。逆に言えば、逆境にあっても急に浮上することもあるわけで、チャンスはどこにでもあるし、ピンチの後にはチャンスが来るってことを教えてもらった気がします。

村岡さんも毒まんじゅう食ったとか言われて急に消えましたよねえ。いやー、天国と地獄は紙一重。加藤さんのような総理に一番近い人と言われた方が、こんなにひっそりと亡くなっていることにビックリした次第です。

gq1023 at 06:10│
小池知事ってキャラ薄くなくなくなーい?戸越八幡例大祭終了