カル・クラッチローMotoGP初優勝久々にスマスマ見ました

2016年08月23日

2020東京オリンピックの顔は誰だ???

リオ五輪が閉幕しました。閉会式に日本の顔として出ていた安倍総理と小池知事は2020年の東京オリンピックの時期には次回選挙を経ているので、必ずしもトップの座にいるとは限りません。

自民党総裁は2期6年ですから18年9月まで。小池知事はオリンピック直前が都知事選ということになります。まあ民主主義国家の根幹を支えるものですから、それは大切な法的根拠として維持されるのは当然ですよね。

ところが「オリンピックがあるので自民党総裁の任期を3期9年にしよう」とか「都知事選をパラリンピック後に伸ばそう」という話しがあるそうです。それ、別にいいですけど、ガバナンス上の問題は残りますよ。オリンピックのために日本の根幹を変えるってことでしょ。

任期を伸ばさないとダメな問題って何ですか?パンフに首相や知事の顔が載せにくいって言うなら、パンフなんて世界中の誰も手にしないから大丈夫ですよ。そもそもブラジルの大統領もリオ市長も私たちは全く誰か興味持ってませんし、大統領なんて代理だったけど回ってたでしょ。

たかだか20日間もないスポーツイベントのために総理大臣や都知事の任期を伸ばすってのはどうですかねえ?世界選手権やユニバーシアードでは放置プレイですよねえ。そこまで特別視する必要性ないっすよ。

そもそも首相や知事なんてチョイ役ですからね。お金負担する人の顔役ってことですよ。IOCからしたら「カモがネギ背負ってやって来た代表」ってことですから、本番時は今回のメンバーと変わってる方が都合がいい。

プレゼン時はコンパクト開催をテーマにしてましたが、すでに東北から東海まで会場として使用することになってて、猪瀬さんの時の話しは全く消えてます。

誰でもいいんで、任期を変えるってことだけは、政治的ガバナンスの低下につながるので、今一度冷静に判断してください。再度書きますが、オリンピック・パラリンピックにとっては、首相も知事も誰でもいいです。

gq1023 at 06:01│
カル・クラッチローMotoGP初優勝久々にスマスマ見ました