フェンダーUSA買っちゃいましたSMAP解散

2016年08月13日

アジアの台頭と日本の没落

71ea8b62.jpgどうも日本人は日本の現状を理解できてない気がします。今の日本は経済が実質マイナスを何十年も続けていて、国民は高齢者だらけ。65歳以上の比率が1/4を超えました。2020年には1/3に届くかもしれません。

この社会保障費をカットできないわけですよ。カットできないということは、今後も日本はダウントレンドが続いて行き、労働者層は社会保障費でヒーヒー言う生活が続くわけです。

それに対して、若者も多く少子高齢化のないアジア各国は、10%以上の成長率が長らく続いて来てすんごいことになってます。物価が安いマレーシアですら、クアラルンプールだと家賃は2000RMぐらいからでしょ。まあ6万からってことですよ。

ベトナムのホーチミンとかハノイでも、日本人が住むに堪えるマンションってやっぱ5万はしますよねえ。1000万ドンね。うん、やっぱそんなもんですよ。

だってアジアから「日本留学は安い」って言って留学生がジャンジャン入って来てますもん。そういう時代なんですよ。これをまた以前のように、日本の方が進んでる状態にするには、発想の大転換が必要なんだと思うんですがねえ。

中国の高速鉄道について、国交省のページでは「中国政府は、2020年までに、総延長1万6千kmの高速鉄道網の整備を予定しています。」とか「2009年から2012年までは、毎年6000億元(約8兆円)以上を投資する見込みです。」なーんてことを今も書いてます。

いやいや、すでに1万9千kmっす。2020年の目標は3万kmっす。要するに世界の高速鉄道の総延長距離のうち、半分以上が中国ってことですよ。国交省のは2008年発表の計画のままなんでしょうね。悲惨な事故も2011年ですから、もうとっくに昔の話しですよ。

日本が進んでないからって世界も同じと思っちゃいかん。アジア各国は着実に前進してます。それも全速力でね。それをメディアはひた隠しにし、生活者は気のせいにして見て見ぬフリしてても解決しないと思うけどなあ。

待機児童解消も社会保障費の増大に対する対策も重要ですが、トランプ氏のように「日本はもう死んだも同然だ。アジアの中でここまで落ちぶれた国はない。経済という戦争に負けたのだ。今こそ現状を認識し、戦後の復興を成し遂げた時のように今一度必死に這い上がろうではないか。」なんてリーダーが出てこないかなーって思ってます。

はい、他力本願でーす!

gq1023 at 08:03
フェンダーUSA買っちゃいましたSMAP解散