最低賃金を上げることは天下の愚策電力自由化不発

2016年08月10日

民進党存亡の危機

aa07a7a1.jpg民主党から維新メンバーを加えて民進党となったわけですが、参院選と都知事選の結果を受けて岡田代表が辞意表明。2013年参院選では17議席しか取れませんでしたが、今回は32議席。でも改選45議席からは劇的に数を減らしました。

それにしても、なんで党内でいつももめてるんですかねえ。社会党出身者もいれば自民党出身者もいるんで意見がバラバラ。しかも地盤・看板・カバンがないのが多い上に、松下政経塾等の頭でっかち理想論グループもいて、まあ大変な様子です。

ただね、鳩山氏と小沢氏のお金がなくなったんで、旧社会党時代から続く連合の支持ぐらいしか支えがない。自民党出身者だって、自民党内で上手く立ち回れなかった人ですからねえ。そんなのが外に出て上手く行くわけない。

ただね、「日本にも2大政党制の時代が必要だ」ってのは分かるんですよ。だったら党内でゴタゴタしてもいいから、方針が決まったら全員が一つの方法を向いてもらわないと困る。アメリカなんてトランプが候補者って決まったらそうなってるでしょ。

2大政党制を目指せば自民党の意見に反対することになる。それが反対のための反対にならないように上手く見せなきゃいけないのに、シールズと一緒に演説したり共産党と選挙協力したりで一貫性ないんですよねえ。

とうとう次の代表選は無投票だそうです。まさかの「蓮舫氏」がトップになるようです。前原・細野・長嶋・枝野・江田等いっぱいいるじゃん。なんで無投票なの?要するに全員離党して自民合流を狙ってるってことですよねえ。そんなんでいいんでしょうか???

対立するからメディアに載るんですよ。都知事選だって自民党vs自民党の構図になったから結果がああなったわけでしょ。代表選ぐらいもう少し戦略的にしないと、存亡の危機に陥るんじゃないかと思ってます。蓮舫さんが壮大な日本の未来を描いているとは思えないけどなあ。


gq1023 at 06:57│
最低賃金を上げることは天下の愚策電力自由化不発