ポケモン世代間ギャップ8耐です

2016年07月27日

責任を放棄したIOC

「世界アンチ・ドーピング機関=WADA」は、相当な努力をしてソチオリンピックにおけるロシアの組織的ドーピングの事実をつかんだはずです。発表するにあたっても、命の危険も顧みない必要があったことでしょう。それでも実際に行動に移したわけです。

しかも、「国際オリンピック委員会=IOC」に敬意を表し、IOCに「ロシア選手出場を禁止するように」との勧告を取ったわけです。

IOCの選択肢は一つ。国家的にドーピングに関わった国の次のオリンピック出場を認めるかどうかにかかってました。認めるなら国家的ドーピングに手を染める国が出て来るでしょうし、出場を拒否するならそれはアンチドーピングへの強いメッセージを発することになります。

ところが、IOCは判断しないという立場を取りました。要するに国を挙げてのドーピングがみつかってもIOCは排除しないということ。驚きの発表でした。各競技団体が判断するようにということになったのです。

ドーピングが悪いってのは、選手の命を奪うからですよ。ドーピングで成長を促進させた結果、短い期間に人生を早回しに終えてしまうのです。

IOCが重要な判断をしないのなら、ただオリンピックの開催地を決めて、協賛社を集めてるだけの団体になってしまうと思うのですが、そうじゃないんですかねえ?

IOCというのは、国家の大小にかかわらずオリンピア精神にのっとって活動する強い団体であると思ってましたが、今回の決定だけはとても残念です。

gq1023 at 04:41
ポケモン世代間ギャップ8耐です