2016年07月26日

ポケモン世代間ギャップ

bakamongo漫画家「やくみつる氏」が昨日の「情報ライブ ミヤネ屋」で、ポケモンGOのことについて「愚かでしかない。こんなことに打ち興じてる人って、心の底から侮蔑します」と否定的な意見を述べました。

その時、それを一緒に見てた40歳の取引先が「とうとうやくさんもヤキが回りましたね」と言ったのです。私はやくさんと同意見だったのですが、その彼は「ジェネレーションギャップですよ」とか「ついて行けないことを切り捨てるのは老化だ」と断言しました。

そこまでなら「まあやくさんを嫌いなのかな」って感じでしたが、そこからが衝撃の分析。「ポケモンデビューが1996年。その時点で大学生以下だった層は42歳以下となります。だからそれ以上の人はそもそもブーム開始時点から乗り遅れてる」と言われました。

確かに、いまだに乗り遅れてるものは山のようにあります。AKBもJSBもEXILEも存在しかしらないし、平成ジャンプとキスマイの違いも分からない。でもポケモンは赤と緑の時代からやってたんだけどなー。今すでに乗り遅れてるもんなー。チックショー!

その彼は「おばさんが結構やってるのは、ポケモン世代の子供がいた世代でしょうね」とそこまで分析しました。「いまだにガラケーだよと言ってるのと同じですよ。スマホやるヤツがアホだみたいな話しです」なんですって。いやーグサグサ刺さる。

一応は「でも人口のボリュームゾーンが全部その外だよねえ」と言ったら、「ボリュームゾーンは都知事選でいいんじゃないですか」とまでのお言葉を頂戴しました。やっべー、期日前投票に行っちゃったぜー。

案外バカモンは私だったのかも知れません。ポケモンGOできる機種に機種変更しよっかなー。って言うか、できねー機種だったのかよーって言われそうだったので、昨日は黙っててすみません。ここに公表いたします。

なーんてこと言いつつ、ジェネレーションギャップ満点の鈴鹿8耐に出発いたします!

gq1023 at 06:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字