リオ五輪って本当に大丈夫?都知事選中盤戦

2016年07月21日

大橋巨泉氏逝く

8d2dcc15.jpgバンクーバーに住んでいた87年から91年は、大橋巨泉氏がまだまだ人気の時代で、私の働いていた旅行会社があったアルバーニストリートに、巨泉さんの経営するおみやげ店「OKショップバンクーバー店」がありました。(今は別の場所に移転)

日本に住んでた時代は、まさか芸能人と会うなんて想像もしなかったし、そもそも住んでる場所がカナダなんだから、会うはずはなかったのでしょうが、このお土産屋のおかげで、毎日のように巨泉さんの姿を目にすることになります。

なぜなら、そのお店の前には等身大の大橋巨泉人形が立っていたから。そこに、観光でやって来る日本人を毎日連れていくことになります。そして、その店にはご兄弟のトオルさんがいて、どの日本人ガイドもOKショップとは深くつながってました。

日本がまさにバブルの時代。大量にやってくる日本人観光客が口々に「OKショップに行きたい」と口にし、送り込んだお客さんが全員大量におみやげを買う。高級な毛皮やカウチンセーターなんて物がバンバン売れてました。

2階にはツアーガイドが自由に飲んだり食べたりするコーナーがあって、そこで他社のガイドとお話しするのは楽しい時間で、ぶっちゃけ私自身に入る販売手数料収入も結構なものでしたんで、みんないい思いをしてたことと思います。

そして当事者の巨泉さんも羽振りが良いようで、しょっちゅうカナダに姿を見せていました。石坂浩二さんやビートたけしさんと一緒に来て、店内外で愛想をふりまくだけでなく、芸能人いっぱいと一緒に回るゴルフコンペ等も開催していて、それはそれはすごかったのです。

そもそも、父が広告会社の大阪支社でテレビの仕事をしていて、毎日放送が「クイズダービー」という驚異の番組をやっていたのですが、それがロート製薬の一社提供番組で、巨泉さんのすごさをよく耳にしていたのですが、「世界まるごとHOWマッチ」も毎日放送でしたしね。

今回知ったのですが、私がカナダに住んでた時代にすべての番組から足を洗ってセミリタイヤされてたんですね。それで4月から9月はカナダに住んでたから、しょっちゅうお姿を目にしてたんですね。すんごい方です。

私にとってはクレイジーキャッツとか日活スターとか言われてもピンと来ませんが、欽ちゃん、ドリフ、巨泉さんは大スターです。その中でも、圧倒的に身近な存在が巨泉さんでした。ゴルフしたり会話したりしたことある芸能人なんて1人しかいないっすもん。

今では全く関係ない生活ですが、そんな昔のエピソードを思い出した今回の出来事でした。本当にありがとうございました。
van

gq1023 at 05:48│
リオ五輪って本当に大丈夫?都知事選中盤戦