少ししか食べなかったらヤセル都知事の問題は一件落着

2016年06月06日

ソフトバンクの株売却

ソフトバンクが発表したガンホー株の売却ですが、そこで初めて知ったのがガンホーの創業者。なんと孫正義社長の弟さんだったんですね。まじかよ、弟も大富豪じゃん。まあパズドラ作る前はお金持ちじゃなかったかもしれませんがね。

保有株の9割を売却して730億円ですって。丸ごと利益って感じでしょうね。かなりの負債圧縮になるはずです。

先日、中国のアリババ株の売却も発表してましたが、こちらが100億ドル。1ドル110円の時に発表して106円だから1兆1000億円から1兆600億円へと変わって400億円も減りましたが、まあスゴイ額です。

それでもアリババ株の保有比率は32.2%から27%に下がるだけなんだそうです。ものすごい量の株を持ってるんですね。

まあ負債総額も12兆円とか13兆円とすごいのですが、こういうすんごい単位でバリバリやってるベンチャーの姿を見ると、自分がショボショボなのを悲しく思ったりします。

もちろん10年以上も法人やってますから、借りようと思えば億単位の借金できるんでしょうが、ビビってできませんねえ。住宅ローンと会社の借り入れ合わせても負債は5000万もありません。小市民の自分を再認識しました。


gq1023 at 06:17│
少ししか食べなかったらヤセル都知事の問題は一件落着