衆参同時と都知事選消費税増税延期

2016年05月31日

日本メーカーのテレビ事業崩壊

eb2855af.jpgとうとうパナソニックまで撤退した液晶テレビ事業。あとはシャープを残すのみですが、そもそもシャープがホンハイに身売りしてますから、日本のテレビ事業は全社失敗ということになります。

もう家電メーカーはダメですね。一般生活者を相手にした事業は日本では成立しないようです。家電エコポイント&地デジ化の時に先々までのテレビ需要を先取りしちゃったから、国内需要を食い尽くしちゃった。ある意味、日本のテレビ事業は官製崩壊って感じです。

パナソニックのテレビ事業部って花形でしたけどねえ。気が付いたら工場は姫路になってたんですね。時代の変化についていけなかったですねえ。

赤字をプラズマディスプレーのせいにしてましたが、全面的に事業を清算しても赤字。中国でのテレビ生産も撤退しましたが赤字。ひさびさにテレビ事業部を復活させましたが、事業部制になったがゆえに、やっぱり国産液晶だけに事業をしぼっても利益が出せないことが判明しました。

携帯電話カメラの普及で、先にカメラがなくなると思いましたがテレビでしたねえ。スマホだってワンセグが入ってないiPhoneが一番売れてるってことは、世の中の生活者がテレビを重要視してないってことですよ。

製品としてのテレビ事業が崩壊するってことは、テレビ局もいずれそうなるってことなんですかねえ?確かに若い層のテレビ離れは深刻です。だってテレビの話ししないし、一人暮らしはじめた若者の中に、家にテレビがないって人がえらい増えました。

トヨタの主力エンジンは中国製。ホンダのバイクは海外生産や海外製部品だらけ。メーカーの開発者がどんどん高額の賃金で海外メーカーに引き抜かれる中、デフレでしょぼしょぼの賃金の日本では太刀打ちできないってのが現実のようです。

航空会社のパイロットも中国系だと3000万円から4000万円もらえるそうで、どんどん流出してます。悲しいかな、日本はそういう国に成り下がってるってことを認識することも必要なのかもしれませんね。

gq1023 at 07:17│
衆参同時と都知事選消費税増税延期