政治資金規正法三菱の燃費問題を暴けなかった自動車雑誌

2016年05月18日

有名人の覚せい剤犯罪

79eca968.jpgいまいち分からないのですが、なぜ日本では覚せい剤犯罪に対してこんなに甘い刑罰が用意されてるのでしょう?シンガポールなんて入国書類に「麻薬の密輸は死刑」と書いてあります。

まあ中国でもマレーシアでもサウジアラビアでも麻薬の最高刑は死刑ですよ。「頼まれて運んだだけ」と言っても死刑確定ってのが多く、日本人でも死刑や終身刑の判決が確定している事例が見受けられます。2010年には中国で日本人死刑囚4人の死刑執行が話題になりましたよね。

やはり麻薬を撲滅するなら刑罰を重くすることですよ。1日で結審して執行猶予じゃダメ。だって執行猶予って執行されないってことだもん。3回目の逮捕でも執行猶予つく事例あるほど緩いでしょ。ものすごく緩いわけですよ。

そもそも有名人の覚せい剤犯罪に対して「社会的制裁は受けた」なんて裁判官が言ってる場合がありますが、社会的制裁は受けて当たり前で、逆に「あんな人でも覚せい剤やるんなら、自分もやってみよう」という気持ちを与えてると思うのですよ。大問題!

「ダメ。ゼッタイ。」なんてコピーじゃなく、「麻薬・覚せい剤は死刑」ってコピーのほうがいい。「所持・使用・密売に関わらず死刑が適用されます」ぐらいでもいい。飲酒運転だって厳罰化してから減ったじゃないですか。

麻薬を密売してる外国人だって、パクられてもすぐ釈放されて本国に強制送還されるだけなんで、次々と売人やるわけです。売人がいるなら、元締めはどんどん仕入れるわけでしょ。そりゃあ蔓延しますよ。そんなの止まるわけない。

まず厳罰化して、有名人や外国人ほど重い刑を与えて見せしめにしない限り、今の状況は悪化の一途だと思います。


gq1023 at 07:08│
政治資金規正法三菱の燃費問題を暴けなかった自動車雑誌