震災時の水と食料を欲する行動についてさて熊本観光でも計画しますかね

2016年05月08日

自転車事故でおんぶの赤ちゃん死亡

489fba0b.jpg先日報道にあった事故ですが、「33歳の女性の乗った自転車が乗用車と接触して転倒し、おんぶしていた赤ちゃんが死亡。運転していた25歳の女を逮捕。」となってまして、以前ならそれで流されて行くニュースでした。

しかし珍しく今回は引っ張ってます。それは「自転車が横断歩道のない場所を横断しようとしていた」「手前の渋滞の列を縫うように対向車線に出て行った」「生後7か月の赤ちゃんをおんぶして自転車」というキーワードへの反応のようです。

東戸倉のセブンイレブン前ですから、防犯カメラ映像に全部映ってるでしょうし、25歳の女性が逮捕されてるってことは、それなりの過失があるのでしょうが、釈然としない感じがあります。

恋ヶ窪の信号まで100m。自転車であればすぐの距離。もし恋ヶ窪駅に向かってたとしたら、交差点を通っても遠回りじゃない。子供を亡くしたお母さんは悔やんでも悔やみ切れないでしょう。

しかし、多くのドライバー目線で言わせてもらうと、対向車線が渋滞してる時に車列の間から自転車が飛び出して来るとは思いませんよ。しかも横断歩道のない場所で、子供を背負って飛び出すなんて予測できない。

接触してすぐ車は停車してますよ。結果が重大とは言え、重大な過失があったのは自転車側ですよね。母親側には子供の安全を見守る義務があるし、交通ルールを守る義務もある。この事故は難しい問題を突き付けて来てます。

原付バイクは免許制度もあるしヘルメット着用義務もあり、さらに2人乗り禁止です。なのに自転車は免許もヘルメットも不要で、16歳以上は子供を乗せた2人乗りもOK。そりゃあ事故おきるわけですよ。だって車もバイクも乗ったことない人が自転車で路上を暴走するんだもん。

ドライバー目線が分かってないからこそ、平然と渋滞の車列を縫うように対向車線に飛び出せるのでしょうが、どこかで交通行政が策を講じる必要性がありそうです。

そもそも自転車の2人乗りって全面禁止の予定だったのに、全国のママさんからの抗議で中止になったんですよねえ。ただ、さすがに子供乗せてるのにスマホ触って乗ってたり、ノーブレーキで側道から大きな道路に出て来る人多いでしょ。ありゃアカンと思うのですよ。

とにかく交通事故は誰も幸せにしません。不幸にして被害者と加害者になってしまった生きてるみなさんも大変ですし、急に未来を奪われてしまった7か月の赤ちゃんも可哀想で仕方ありません。このような不幸な事故が1つでも減るよう願ってます。

gq1023 at 05:33│
震災時の水と食料を欲する行動についてさて熊本観光でも計画しますかね