フィリピンでの事業の話しは怖いっすねー政治資金規正法

2016年05月16日

シズルカット

a7772daa.jpg広告の世界では「シズル」ってのが重要視されていて、やたらクリエーティブ業界では「シズル欲しいねえ」とか「シズル感出てないんじゃない」なんて多用されてますが、具体的な「理想的シズル像」ってのは明確じゃありません。

英語のSizzleだと、ステーキ焼く時のジュージュー音みたいな感じだから、もしかしたらそれが語源なのかも知れませんが、グラスビールの撮影中に「もっとシズル出して!」なんて言うと、霧吹きで水滴つけたりするんで、もはやジュージュー以外もシズルです。

私なんて日本人なんでシズルカット撮影でも「ちゃんとロゴを前に」なんて思うのですが、その点スターバックスさんなんて基本的にロゴは正面に向かせない方針なのか、全見せしないどころか、チョイ見せとかマークナシのカップなんてのもよくあります。

ステーキのTGI FRIDAYSとかOUTBACK STAKEなんかもいいですよねえ。海外ブランドのシズルカットはとても勉強になります。ただね、実物と大きく差があるのはアカンと思います。だって、それって誇大広告でしょ。だけど、大半が現実的には誇大広告に近いシズルなんですよねー。

広告の仕事ってウソつくのが当たり前になることなのかなー?自動車メーカーの仕事って燃費をウソつくことなのかなー。エアバッグで安全ですって言いながら、死ぬかもしれないエアバッグのリコールを遅らせるのっていいのかなー?いろいろ疑問を感じてます。

gq1023 at 05:01
フィリピンでの事業の話しは怖いっすねー政治資金規正法