舛添知事の公用車で湯河原問題また熊本に行ってきました

2016年05月01日

電車内における携帯電話での通話

電車の中で「車内での通話はご遠慮ください」と放送されてますが、そんな国って日本だけじゃないですか?「心臓ペースメーカーの障害に」なんて言ってますが、そんなこと言ってたらペースメーカーつけてる人は携帯電話使えないでしょ。ウソですよね。

2020年へ向けて国際化を図らなきゃいけない時に、大都市東京の公共交通機関の中で携帯電話での通話ができないなんて非常識を押し通すつもりなんですかねえ?歩道に自転車走ってるという中国でも見かけない光景も非常識ですが、それって放置するんですかねえ?

島国なんで、他国と異なる文化が形成されるのは分かりますが、大都市ってのは経済合理性が求められますから、さすがに携帯電話が電車やバスの中で使えないってのは無理ありますよねえ。車内で通話してる人を目の敵にして怒ってる人も、なんか変な感じしてます。

もし心臓ペースメーカーに携帯電話やスマホが悪影響及ぼすなら、マナーモードにしてゲームしたりチャットしてるだけで十分に悪影響ありますよね。誰に対する配慮なのかが分からないのです。

意外と関西では電車内で話してる光景を見かけます。でも東京では限りなく皆無に近い。
もちろん私も車内で会話してませんよ。だけど、せっかくかかってきた電話を取れないシーンが多すぎるのです。

朝から営業・会議・セミナーやってる時間が大半で、自席に座ってデスクワークしてる人ではないので、その間は公共交通機関での移動になります。そうすると、結局いつになっても電話が取れないしかけられないのです。これ、経済的に大きな機会ロスですよねえ。

初動で「車内での通話は控えるべきだ」って消費者団体みたいな人の言うこと聞いちゃって、ワールドスタンダードを学ばなかったんでしょうねえ。どうせ変わらないと思いますが、個人的にはここぐらい他の国と同じようにすればいいのになーって思ってます。

gq1023 at 05:51│
舛添知事の公用車で湯河原問題また熊本に行ってきました