ジャッキーロビンソンデイ避難所になんで水がないの?

2016年04月18日

熊本へ行ってきました

d86ea765.jpg震災の爪痕が荒々しい熊本へ行ってきました。空路福岡入りし、九州自動車道で植木ICまで行って、そこから一般道を利用して熊本市内へ入りました。

じつは昨日の4月17日朝の時点では、まだ福岡市内のコンビニやスーパーマーケットの店頭には沢山の食べ物がありました。しかし、昨日の夜の時点では全部なくなりました。草の根運動的に福岡の人々が買って熊本に持っていくのもありますが、熊本の方々が福岡に買い出しに来ているのもあるようです。

大手流通をはじめ各社が熊本への商品配送を優先することになりましたので、今日中に様々なアイテムが熊本に搬入され、明日には各社営業再開となります。

現地では「セブンイレブン」は営業してました。あとは熊本ではメジャーな「おべんとうのヒライ」が営業していて、どちらも大変な活況を呈していました。

ただ買い占めがひどく、一部のお客様で売り切れてしまうようです。確かに、大量に買い込む人々の姿が目撃されましたが、カップ麺やレトルト食品は大量にメーカーから避難所に搬入されてますので、配給物資として支給されるはずです。

それにしても、福岡がダメージ受けてないのに、熊本市内の食品が少なすぎますね。ものすごく大きく長い横揺れで様々な棚が倒れたというのは分かります。でも、店頭でいいからカップ麺とミネラルウォーターぐらい売るべきですよ。そこまで物流環境は悪くないですもん。

ぶっちゃけ、意外とダメージは限定的でしたから水道は大した時間かからないうちに再開しますね。ただ、私のような個人的な支援者や熊本の人々の買い出しによる影響で道路が大渋滞していて、それに伴って作業がはかどってない感じでした。

自衛隊や水道工事の車両にはパトライトもサイレンもついてないので、道路渋滞があると全面的に影響を受けます。でも自衛隊が道路の応急復旧措置を、水道屋さんが水道工事やるわけですから、これらの作業遅れはそのまま基本インフラの復旧に悪影響を及ぼします。

水道の本管工事ができる業者さんは少なく、全国から応援が行っていても少しづつしか進められないはずです。それなのに、それをさらに渋滞が遅らせてるのであれば、大問題ですからねえ。

とはいえ、昨日4月17日午前中の時点では少なかった全国各地からの応援部隊が、午後には大量に熊本入りしてました。今日から本格的にインフラ復旧がはじまります。食品も集中配送になりました。

ホンダでは日本で唯一オートバイを製造している熊本製作所が大ダメージを受けました。大型工作機械が飛び跳ねた上に横揺れで動いたそうです。精密な組み立て精度を要する機械ですから、全部設置し直しです。大ダメージですよ。

サーキットのオートポリスは90年の開業から20年以上も放置されていた路面を、2012年に改修したのですが、今回の地震で割れてしまいました。周辺のアクセス路もズタズタですから、全日本ロードレース選手権の開催は難しそうです。

でも、みんないつかきっと復活してくれるはずです。多くの人的被害や物的損害がありましたが、私も阪神淡路大震災や東日本大震災を経て現在があります。ぜひとも負けずに頑張ってもらいたいと思います。がんばろう日本!


gq1023 at 08:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ジャッキーロビンソンデイ避難所になんで水がないの?