さすがメルセデス!世界最大のスキャンダル「パナマ文書」

2016年04月12日

女性は顔も出しちゃいけない国のアメリカ軍

afganアメリカ軍には女性部隊がいて。それが様々な活動に参加してます。男女雇用機会を均等にすると、そうなるって例です。

ただ、アフガニスタンって元々イスラム圏だし、今地域を押さえてるタリバンだってイスラム。だったら女性を派兵しなきゃいいのにって思うんですよ。

だってね、タリバンって「女性が外で働くの禁止」「女性は外では爪の先から頭までを覆う」「婚外交渉した女性は公開投石刑」「女性は声を出して笑うの禁止」「化粧品禁止」「女性は誰かと一緒でもバイクや自転車に乗っちゃダメ」なんて言ってるわけですよ。

マニキュアしてるってだけで指を全部切り落とされたり、セックスしたってだけで公開処刑されたりしてる国ですから、派遣されてる女性は化粧や婚外交渉は全面禁止ですよ。アメリカ軍の女性兵士は黒い幕を頭から被って活動しています。

今は通信兵や衛生兵といっても、昔の戦争とは大きく違いコンピューター社会です。インターネット環境は確保しなきゃいけないし、野戦病院であってもMRI等の高級装備を使って活動します。後方支援部隊であっても、そんなに任務は軽くありません。

ましてや外の警戒にあたる歩兵となると、常にテロの危険と隣り合わせだし、顔出ししてる女性が警戒車両の外に顔を出してたら、やっぱ狙いたくなるわけです。だって、それ自体がタリバンでは違法なんですもん。

これって立派な挑発行為ですよねえ。化粧してネイルアートした女性が街中を堂々とハマーに乗って走ってたら、相手を威嚇するというより相手を不機嫌にさせる要素バリバリじゃないですか。平等という原則のために、女性だけムダに怒りを買ってる。

男性に向いてる仕事と女性に向いてる仕事以外に、女性は従事しちゃいけない仕事ってのもあると思うんですよ。そんなの当たり前でしょ。そういうことを、自由に発言できる社会になればいいなーって思ってます。

gq1023 at 06:59│
さすがメルセデス!世界最大のスキャンダル「パナマ文書」