日本人の偏り度合がすごい同一労働同一賃金

2016年04月03日

イベントの仕切りはすべてに表る

fd0928c7.jpg広告やイベント業界に長く身を置いてると、お弁当を食べる機会が非常に多くなります。その経験からお話しさせていただくと、ぶっちゃけ美味しいのは「ほか弁」だという結論に達します。ここはもう値段じゃない。のり弁とか唐揚げ弁当で十分なんですよ。だって作り立てだもん。

弁当と言えば、東京のまい泉・横浜の崎陽軒・大阪の一富士、全部おいしいんですよ。だけど、そういうお弁当って長く持つって事に留意されてるんだと思うんですよ。あと個数も大量に製造できますしね。確かにそれは間違ってない。

ただ、それ以上に重要なのは、そこにある「愛」ですねー。とにかく連日お弁当生活のスタッフですから、仕切ってる人の愛はビシバシ伝わります。ほか弁をイベント現場で出さないってのは、食中毒を出さないって重要な意味があるんですよ。おいしさじゃない。

音響・照明・映像・レーザー・特殊効果なんて分野は様々ですが、共通してるのは「飯はおいしいのがいい」ってのと「ちゃんと食べたい」ってことだけです。これ、スタッフやってると、仕切ってる側に愛があるかどうかが分かる。その基本は食事の有無と時間の伝達です。

小さい話しなんですがね、出演者やスタッフの所に、簡単なお菓子やジュースがあるだけで全然対応変わりますよ。クーラーボックスや電気ポットがあって、コーヒーや紅茶が飲めれば、それだけで気持ちも変わる。ふりかけとか小分けの味噌汁とか最高っすよ。

何よりも、飯の時間が確保されてるかどうかね。「適当に食べといてください」って言われると「仕切り悪いなー」って思っちゃう。そもそも仕切り悪いヤツは、最初と最後のミーティングしないからすぐ分かる。

マイクやトランジスタメガホンで「えー、11時になりましたんで、オールスタッフミーティングやりまーす」ってヤツね。「本日の主催者の井上さんでーす」とか「広告代理店の木下さんでーす」ってのやらないヤツいるんですよ。

終わった後も「これからバラシですが、その前に最後のミーティングしたいと思います」ってやらないヤツいるわけ。もう、何事においても朝礼&終礼って観点がないんですよ。それじゃあ、ぜんぜん一つのチームになれない。

自分で仕切ってる現場だとね、真っ先にマイク持って段取り説明やります。誰が主催者で、誰がキャスティングボードに乗ってるかの説明と注意点ね。とくにNG事項と、食事の段取りと、撤去の段取りは入念にします。

NG事項って、携帯キャリアの仕事なら、競合他社のスマホや携帯を見える位置に置くことも注意する。飲料メーカーの仕事なら、他社の飲み物はダメとかね。ものすごく重要なことですもん。あと使っていいトイレの場所とか、一番近い喫煙所とかも伝える。

何より間違いないのは「仕切ってるヤツが動くのはアカン」ってこと。それは新人にすら「こいつ仕切れてない」って見えちゃう。人を使う前に、自分が段取り分かってない。指示出せないから自分で動く羽目になる。

昨日は小さいながらも大手広告代理店や大手飲料メーカーや大手鉄道会社が関連するイベントがありました。弊社の50代のスタッフに全部任せたのですが、あきませんでした。段取り見えてなかったなー。悲しかったけど、怒鳴るのバカだから、撤去の最終段階まで我慢しました。

企業でも、受付カウンターに飴が置いてあって、「配送のみなさまへ。今日もご苦労様です。ご自由にお取りください。」って書いてあったりするんですよ。愛を感じるでしょ。うちも配達する人は大企業のみなさんだから、大切にしてお茶でも出してねって言ってます。

その飴が、バレンタインデーだけチョコになってたら、「おっ気が利くねえ」って感じるでしょ。その程度のことですよ。それだけで人はその会社に好感を持つようになる。神は細部に宿るですよ。

そういうことを、心から感じた現場でした。会場BGM用意してないとか、リハーサルの有無とか、スタッフの集合と休憩と食事時間の指示とか何にもしないってのは、それ以前に職務怠慢だと思うんですけどねえ。

8耐では、必ず全スタッフに「ピットから離れる時はどこに行くかを誰かに伝えてください」と言ってます。それはトイレでも喫煙所でもそう。手の空いてる人が座っとく場所も用意して「手が空いてたらここにいてください」と伝え、弁当を必ず手配します。

これ、趣味というか遊びでもこうなんですから、仕事なら当たり前なんですが、こんなの指示されないと分からない50代の営業兼イベントプロデューサーなんて悲しいなあ。とてもガッカリしている朝です。

さーて、今日は朝から町会のお花見です。すべてを忘れてイベントボランティアを張り切ってやりたいと思います。

gq1023 at 06:14
日本人の偏り度合がすごい同一労働同一賃金