東京チカラめしの店舗激減自民党のパーティー

2016年03月29日

日本は下水道がない国だった

c1116978.gif先日、日本の下水道なんて最近できた物と書いたのですが、これについて「知らなった」とか「本当ですか?」なんて人が多かったので再度書きます。

私は48歳なんですが、我々の世代は普通に街中にバキュームカーってのが走ってました。これ、便所の糞尿を汲み取る車です。水洗式トイレにはなってましたが、まだまだトイレは汲み取り式が当然のように存在してました。

家庭排水が道路の側溝に流れるのも当たり前ですよ。キッチンの排水がそのまま道路横のドブに流れるわけです。洗濯機なんて家の外に置いてあって、排水は当然のようにドブですよ。ありとあらゆる河川が、家庭排水でヘドロだらけになって泡がブクブク出てました。

毎年9月10日は「下水道の日」です。昭和36年に世界先進国の中で最悪の下水道普及率「6%」を改善しないといけないということで制定されてます。まあ、めんどくさいことも知りたい方は「国交省 下水道の歴史」をご参照ください。明治33年の旧下水道法等も簡略化して説明されてます。

まだ。島根県なんて下水道普及率50%行ってないですからね。どうした竹下登ファミリー!? どうしたDAIGOウイッシュ!? 徳島県なんて20%も達してない。どうした後藤田ファミリー!? どうした水野真紀!? どうした徳島新聞グループ!? どうしたオロナミンCの大塚製薬!?

すんごい国なんですよ。東京や大阪のほぼ100%と比較するとあまりにも格差がありすぎですから、さすがに国家的に予算を組んで整備しなきゃいけない。

ところがそういう話しにならないのですよ。地方は基本インフラの整備すら遅れてるのに、都会で保育所とか老人ホーム作れと叫んでるアホがいて、そのアホの近くに主要テレビ局も中央紙全社も雑誌社の大半もあるから、その話題がメディアを賑わせることになる。

アホって書いたら失礼なのは分かってますよ。だけど、自分の困ってることを国に押し付けられても困るんですよ。もともとある保育所の数と老人ホームの数は分かってるわけで、それで対応しなきゃいけないのは常識じゃないですか。そんなの整備する予算ないもん。

それよりも、まだこの日本でウンコ垂れ流しはアカンでしょ。吉野川や紀の川に洗濯排水や米のとぎ汁流してちゃだけでしょ。国会ってのは国家的規模での話しをする場所なんですよ。平等な国民生活を維持するためには、まだまだ下水道普及に努める必要がある。

「人のいない所に高速道路や新幹線はいらない」ってのは乱暴ですよ。人がいない所にこそ必要。先に交通インフラに決まってるじゃん。でもその前に生活インフラですよね。

ただ、過疎の進む山間部に長大な下水道敷設するよりは、バキュームカーで汲み取りに行ったほうが圧倒的にコスト効率がいいって部分もありますので、この件はしっかり生活利便性と永続的運用可能なコスト計算を天秤にかけ、今後の検討事項といたします。みたいな官僚答弁読み上げ風で終わりたいと思います。

gq1023 at 07:58│
東京チカラめしの店舗激減自民党のパーティー