ショーンKさんのことについて日本は下水道がない国だった

2016年03月29日

東京チカラめしの店舗激減

e933cbc1.jpg東京チカラめしって知ってます?一時関東では話題になった牛丼&定食のファーストフード店で、牛丼界のニューカマーとして飛ぶ鳥を落とす勢いで出店してました。

事業を展開したのは、居酒屋「金の蔵Jr.」「東方見聞録」などで有名な三光マーケティングフーズ。2011年に第1号店がオープンして人気を博し、社長は来年だけで300店を展開すると豪語して、どんどん主要駅周辺に出店してました。

モトバムのあるJR御徒町駅前にもあったし、うちの戸越銀座商店街にもありました。戸越銀座の店なんて新築物件の路面テナントとして2011年10月にオープンして、翌年11月には夜逃げ同然の感じで予告なく閉店しましたからねえ。

十三とか阪神尼崎にもあったでしょ。どちらも数か月で撤退しましたよねえ。なんだか良く分からないのですが、早々のうちに事業には暗雲が立ち込めてたようです。

日経新聞の記事「「東京チカラめし」68店舗を売却 三光マーケティングフーズ」によると、2014年6月には大半の店舗を売却しちゃってたんですね。今は直営だけで「東京チカラめし店舗案内」見れば分かりますが13店舗だそうです。

ぶっちゃけ、横浜西口店とか海浜幕張のイオンモール行きバス乗り場前の店とか、自分の行動半径の中にいっぱいあるから気になってなかったのですが、こんなに縮小してるとは知りませんでした。

閉めた店舗のほとんどは横浜家系ラーメンの「壱角家」になってるそうです。店舗急拡大のために立ち行かなくなったファーストフード店の大半を譲り受けたんでしょうねえ。捨てる神ありゃ拾う神ありを感じております。こういうチャレンジもしなきゃいけないなあと感じている零細企業の肝っ玉小さい社長です。

gq1023 at 05:45│
ショーンKさんのことについて日本は下水道がない国だった