ホルモンバランス認知症という病

2016年03月10日

震災体験

昨日、池上彰氏の震災対策番組を見たのですが、どの大学教授もテレビ製作者も分かってない。直近の東日本大震災しか見えてない。東京直下型地震って分かってないねー。高架道路が全部潰れるんですよ。全然そんな想定になってない。

埋立地って全部液状化するんですよ。東京の主要幹線道路って川か水路ですから、全部液状化して使えません。バカだねー。だから絶対に火が出たら消防車は来ない。ただただ燃え盛るだけです。

避難所開設って誰がやるの?学校の先生はやりませんよ。子供がいればその安全確保でギリでしょ。保護者に引き渡さなきゃいけないもん。先生は子供を引き渡したら家に帰るんですよ。避難所知ってても、誰も助けてくれませんよ。自分が開設して仕切らないと、ただの迷惑なお客さんです。

家のトイレって、水が止まった時点で誰かが大便したらもう使えませんよ。そしたら公衆トイレ探すでしょ。そして学校やビルのトイレを使う。すぐ公共に提供されてるトイレも使えなくなります。そんな想定してないもん。そんなもんです。

しかも利用者が文句言うの。「トイレ詰まってます」って。誰も掃除してくれないって。用務員さんも教員も震災で水が止まったトイレの掃除は仕事じゃないからね。当然のことですよ。考えるまでもない。詰まってたら、テメーの大便はテメーで考えるの。

「震災経験者にアンケートしました」って生きてる人でしょ。死んでる人や死にかけた人に聞かないとダメ。地域アンケートに意味なんてないもん。家にカセットコンロない人いないでしょ。インスタント食品ない人いないでしょ。あとは水があれば2日は食えますよ。

電気来ないんだから、溶けた冷凍食品食べてるだけで満腹ですよ。カセットコンロで溶けた冷凍肉食べてるだけで結構なバーベキューです。みんな、そんぐらい食材持ってますよ。

カードゲームの「避難所HUG」「クロスロード」やればいいじゃん。ちゃんと震災時のシミュレーションができるようになりますよ。これらは、震災時に避難所や本部の責任者になったとした場合のシミュレーションゲームです。

もし避難所の責任者だとして、「24人の外国人が乗った観光バスが横転しました避難所に入れてもらえますか?」とか「車の中で生活しますからグラウンドに車入れてください」って言われてどうします?避難所の責任者って被災者ですよ。あなたかもしれない。

「いつになったら救援物資が来るんだ!」って言われたらどうします?「知らねーよ!」って言わなきゃいけない。「文句言うならお前が事務局やれよ!」って言います?揉め事になるだけですよ。どうせ大半のヤツらが何もしないクセに文句だけ言うんですから。

何かやる人なら、もう地域ボランティアやってますよ。放置自転車追放とか、路上喫煙追放とか、PTA役員とか、町会役員とか、祭礼役員とか、消防団とか、交通部会とかやってるわけ。仕事が忙しいとか言い訳してやらないヤツは、被害受けるとすぐに文句言う側に回る。

せっかくテレビで特集組むなら、アホ大学教授のクソみたいな研究紹介いらないんだよね。地域防災のための地域ボランティアの大切さが重要。だって阪神大震災の生き埋めの人って、救出されたのは大半が地域ボランティアによってですよ。消防も自衛隊も役に立たない。

何事も相互扶助なわけ。何にも地域に貢献してないのに、災害おきて助けてもらえるわけないのよ。避難所開設するのも運営するのも地域ボランティアだから。知り合いに何でも優遇しますよ。だって、普段から何にも助けてくれないヤツを平等に扱う必要性ないもん。

「避難訓練に1回も来た事ないヤツは死ねばいい」って言ってる町会長のインタビュー流せばいいんですよ。「困ったときだけ助けろなんてムシのいい話ねーだろ!」ってのが当たり前だもん。「都心から多摩まで歩いて帰る帰宅困難者に施設開放しろ?」だってさ。アホか?

正直な気持ちをブログなんで書いてみました。文句のある方は、私の関係の避難所には来ないでください。絶対的に知り合いしか優遇しませんから。はじめて見た人なんて、平等に扱いませんから。だって、公務員じゃないんだから当然ですよね。ハッキリ言いたいです。

gq1023 at 05:23│
ホルモンバランス認知症という病