文化人ギャラ2016東京マラソン

2016年02月27日

海外留学を考えてる若者と保護者と教員の皆様へ

よく海外留学の相談を受けるのですが、だいたい子供が旅行会社のパンフを持ってきて「留学行きたい」と言い出し、うろたえた親御さんが留学経験者を探しまわり、人づてに私の所にたどり着くという感じですが、ぶっちゃけ他人へのアドバイスなんで一般論になっちゃいます。

まず考えなきゃいけないのは留学斡旋業者と予算ですね。斡旋業者を利用して留学するってことは、最初から語学力を身につける努力を怠ってますよ。せっかくのチャンスでしょ。学校もホームステイ先も自分で見つけるのが原則です。その程度のこともやらないのに留学しても意味がない。

人生の選択肢です。お金も時間もかかるチャレンジです。アメリカもいいけどカナダやオーストラリアもいいなーなんて旅行気分で選ぶものではありません。

まず参考にすべきは、日本育英会の奨学事業や留学生交流事業などを引き継ぐ独立行政法人日本学生支援機構のサイト「海外留学支援サイト」です。学校の選び方や奨学金制度についてもしっかり説明されてますし、非営利なんで安心して見られます。

次に、留学ってことにこだわらず、学生時代に1年ほど海外生活体験がしたいって方にはワーキングホリデーをお勧めしてます。こちらは一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会のサイトが参考になります。ここも非営利ですが、内容は精査してくださいね。お金かかる話しも混じってますんで。

ワーキングホリデーだと現地で働けます。例えばカナダに行くなら「人材カナダ」ってサイトで仕事まで探せます。現地行ってからでも日本食の店等に日本語情報誌ありますから、そこに求人出てますよ。もちろんどちらも日本語でOKです。

私が最初に行った、カナダの国立大学「ブリティッシュコロンビア大学の英語学校」には日本語のサイトもあります。ホームステイ先まで斡旋してくれました。私はバンクーバー市警のシモンズ夫妻の家にホームステイしてました。ステイ費用は3食付きで1ヶ月1000カナダドル(8万5千円)ぐらいかな?

学校に頼むだけで、担当者が空港まで迎えに来て、学校で入学手続きとオリエンテーション受けて、ホームステイ先の方が迎えに来てくれます。国立大学ですから、まあインチキすることはないですよ。

どの国に行きたいのか分かりませんが、私が留学した30年近く前は日本語に触れることすら簡単ではありませんでしたが、今はインターネットがあって、スマホで常に日本語を見ることが出来ちゃいます。語学をマスターするには、かなり必死になる必要があります。

親や恋人と毎日LINEメール交換してるようじゃ語学は身につきません。まず語順が日本語と同じなのは韓国語だけで、それ以外の言語は全く違うので、そこを体感的に理解できるようにする必要があります。単語力なんて丸暗記するだけなんで、そんなの日本で出発前にできるでしょ。

国によっては、運転免許を持っていたほうがいい国もあります。車を買うお金も必要でしょう。私はカナダで免許は取りましたけどね。昔は日本の免許から切り替えできなかったんです。先に車を買う必要がありまして、それを持ち込んで試験受けました。

ただし、今は日本の免許をカナダの免許に切り替えできますが、日本での免許取得後2年経過してない方はクラス7になります。これは仮免許なので、初心者マークの明示と同乗者1名までという制限が付きます。これだけはご注意くださいね。正規の免許はクラス5です。ちなみに私はクラス2でバスやトレーラーが運転できます。

とにかく留学斡旋会社のパンフ持ってきて、雑に「留学行きたい」程度の話しするんなら私の時間とらないでくださいね。真剣に調べ抜いてから時間とってくださいね。わざわざ夜や休みの日の時間空けて、食事しながらはじめましてからやって本題に行くまで時間かかるんですよ。

あえて斡旋業者をと言うなら、最低でもISAJTBガイアレックアコスタの3社ぐらいのパンフは集めといてくださいね。訳の分からん斡旋会社のパンフ見せられても判断できませんから。留学斡旋会社なんて星の数ほどありますから。

高校生でも安心して留学できるパックツアーあります。客観的に信用できると言えば前述の3社ですね。ISAは日本の学校教員を引率に臨時で無償雇用してます。添乗員やガイド以外に先生もつくので安心です。

こんな感じなんですが、これでも十分盛りだくさんな情報ですよね。若いときの海外体験は、必ず人生で役立つ時が来ます。実り多い経験になることを祈ってます。この程度の情報を理解した上での相談には喜んで乗りますよ。

最後に、学校教員のみなさんはぜひこの、ISA青少年海外交流事業 チャレンジホームスティ 引率指導者募集に応募してみてください。英語教師でなくても構いません。中学レベルの英語力があれば、無報酬ですが無料で海外体験できますよー!教師のグローバルな経験も、子供の教育に重要なことですからね。

どちらにせよ、社会人になるのが遅れるだけで、ある程度言語が覚えられないと無駄な時間を費やすだけなんだよねー。英語なんて仕事で覚えなきゃいけなくなったら、すぐマスターできますよ。真剣に頑張ってくださいね。

gq1023 at 05:38│
文化人ギャラ2016東京マラソン