創味シャンタン vs 味覇18歳選挙権

2016年02月19日

交通死亡事故に想うこと

DSC_0061今週16日に、運転免許の更新に行きました。すでに人生6回目の更新ですんで、大した緊張感もなく、ただ普通に講習を受けて帰るつもりでした。しかし、そこで流された映像とその後の指導で気持ちが激変します。

その映像には、普段から通りなれた戸越三丁目交差点が出ていました。そこでは数年前に6歳女児の交通死亡事故があったのですが、その情報をお父さんが生々しく語っていました。

その日、6歳の佐藤菜緒ちゃんは、土曜日の昼11時すぎに母親と一緒に自転車を押しながら青信号を直進していたそうです。そこにう右折してきた10トンダンプが来て轢かれたというのですが、その死亡事故は明らかに見通しが良かったのに発生し、警察で対面した時には、頭部を押しつぶされて白い布で包まれた状態だったと言います。

その事故、じつは地域では話題になってました。なぜなら、明らかに被害者に落ち度がないにも関わらず、運転手は禁固2年6ヶ月だったのです。この運転手は事故直後に車を蛇行させ、あからさまに動揺を示しながら現地を立ち去ろうとして、後続車にクラクションを鳴らされてやむなく停止したそうです。事故に気付いて逃げようとしたわけですよ。

だけど裁判では「気付かなかった」の一点張り。まあ交通死亡事故ですから弁護士はそれがいいって言いますよね。だってそうすれば裁判所は「じゃあ悪質じゃない」ってなりますから。結果が深刻なのに、保険金が支払われるなら軽い刑罰で終わらせるってのは、日本の司法は命を軽く見てませんか?事故減りませんよ。

写真はまさにダンプ目線で右折レーンから見た所です。菜緒ちゃんは出光の前でひかれました。こんなに見通しの良い交差点ですよ。気付かないわけないでしょ。

その映像の後、前日15日の交通死亡事故の説明がありました。東京の綾瀬で、小学校1年生の男の子が、学校から帰る際に横断歩道上で右折してきたトラックにはねられ死亡したというものです。これも「気付かなかった」と運転手は言ってるらしい。右折で気付かないってのは絶対におかしいですよ。運転が危ないに違いない。

そして運転免許更新翌日の17日。また町田市鶴間で小学1年生の男の子の交通死亡事故が発生しました。今度は左折してきた小型ダンプにひかれたといいます。こちらは朝の登校時。これらの事故、全部晴れてる真昼間ですよ。それで人を轢いちゃうような運転手は免許持っちゃだめでしょ。

はっきり言います。確かにトラック乗ってると左折時は左後方からの動きは見えません。すり抜けのバイクなんて見えないし、左折時に自身と同じ位置から横断歩道を渡る人は見えないので、巻き込みの危険は非常に高い。私はビビリなんでソロソロしか曲がりません。だって歩行者とか自転車って信号の変わり目に全力疾走で横断歩道に飛び込むもん。

だから歩行者が気を付けろってのは当然なんですよ。道路はみんなのものですから。だけど、右折でぶつかるのはおかしい。相手が斜め横断してるかもしれないけど、それもあり得るって思って運転するでしょ。大人は子供に「車は信号を守らない可能性も大いにある」って教えなきゃいけませんよ。

これら事故で不幸にも被害を受けられたご家族や周囲の皆様にはお悔やみ申し上げます。と同時に、これら事例から少しでも交通死亡事故を減らせるように、自分も含め行動したいと思います。

最後に、ヘッドホンしてスマホ触りながら走ってる自転車は自殺行為です。国会議員の皆様、どうか国民の命を守るため厳罰の導入をお願いいたします。

gq1023 at 06:02│
創味シャンタン vs 味覇18歳選挙権