フィットネス・整骨院・学習塾・デイサービス与党vs野党=政治不信

2016年02月17日

糖質制限ダイエットの伝道師が急死!?

私が糖質制限ダイエットをはじめたのは、ダイエット開始から何か月も後です。一昨年の12月28日に飲食店で、一緒にいた人だけでなくオーナーさんにまで「大野さん腹出てる」とヤイヤイ言われたのがきっかけです。

確かに31インチのジーンズは苦しくなって32インチを買ったばかりだったし、何よりも自覚はあったけど、体重計に乗ってみると74.5kgでした。うえー、身長172cmなんでコリャいかんってなことで。とにかくエイヤーで62km走ってからジムで3時間トレーニングしました。

でも翌日筋肉痛がなかったんですよ。だから調子にのって20km走ってから20km歩いて帰ってきた。それでもなんともなかったんですよ。そしたら大晦日にすんごい筋肉痛が来た。オッサンだから筋肉痛が遅れて来るんですね。それで、何にも食べれなくなったんです。

昨年の1月2日の午後まで食欲がなくて、2日間ほとんど何も食べなかったんですね。牛皿1枚と数の子ちょっとぐらいですよ。それでイオンモール幕張新都心や東京ミッドタウンの初売りに行って、1月2日の夜にやっとお酒のみはじめて、朝3時ぐらいまで飲んでた。

1月3日は昼まで仕事で、その後ウロウロして夕方帰ったんですが、体重計に乗ると68kg。だから6日で6.5kg落ちたんですね。

糖質制限は、近所の「たなかじろう動物病院」の田中先生と路上で偶然に会い、以前に「糖質取らなきゃ二日酔いないですよ」って言われてたのを思い出したからです。結果は確かに二日酔いなくなりました。去年の4月かな?それから11月までやりました。

結論から言うと、一番軽い時で63.5kgまで行きました。もう昨年11月から炭水化物食べてますんで、そんなに必死にダイエットしてませんが64kgなんでリバウンドもしてません。

糖質制限にあたっては北里研究所の山田悟先生の文献「糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て(幻冬舎新書)」を参考にしました。

私は知らなかったのですが、糖質制限ダイエットの伝道師「桐山秀樹氏」が先日心不全で急死されたそうです。これもお酒の席で「糖質制限で急死らしいすよ大丈夫ですか?」と聞かれて知りました。すいません、その人が伝道師だとも知りませんでした。

ただ、調べてみるとこの方は2010年に糖尿病と診断されてます。うーん、糖尿病の間に動脈硬化が進んだんですかねえ。糖尿病に心不全はつきものですからねえ。

お医者様の間でも糖質制限の是非がやり取りされてますが、実際のところ明確な答えは見つかっていません。

個人的には、好きなものを好きなだけ食べて健康が維持できればいいし、常に血液検査等で体調の変化を把握して、問題がある時は適度な食事制限を心がければいいんじゃないかと思ってます。

最後に個人的な意見。糖質制限だけじゃ体は痩せません。バームやアミノ酸飲料飲むだけじゃ体は痩せません。それは体に痩せる準備をさせてるだけです。そこからトレーニングで体を動かさないと脂肪は燃焼しません。

過去に絶食するファスティングもやりましたが、胃腸が絶好調になって、味覚も研ぎ澄まされ食べ物がすべて美味しく感じられるようになったので、劇的リバウンドしました。痩せるなら運動するしかないって話しでした。

gq1023 at 06:09│
フィットネス・整骨院・学習塾・デイサービス与党vs野党=政治不信