中国人の爆買い3大会連続オリンピックへ向けて

2016年02月12日

ちょっと危険水域な世界経済

c554d3bb.jpg何度も書いてますが、マイナス金利の余波がすごいです。とうとう世界株安の状況が深刻になって来ました。円安誘導どころか円高に劇的に振れてます。日本企業の決算は3月期が多いですから、そこに円高が直撃すると決算数字の悪化は避けられません。

日経平均って去年の暮れは2万円ぐらいだったんですよ。それが2割以上下落してる。WTI原油の先物なんて昨年6月に60ドル超えてたのが27ドル。世界経済の推進力である原油の価格下落が世界中にダメージを与えてます。

ちょいとばかしリーマンショックの再来になる可能性ありますね。ロシアのルーブルなんて2.4円超えから1.4円切るところまで来てる。ロシア経済って原油&石油頼みで、全輸出額の半分を占めるんですが、これが半値以下になってるから、輸出総額の3割ほどを失ってるはずです。

中国やマレーシアも危ない。産油国は総じて危ない状況なんですが、産油国同志での協調的な減産合意ができません。それどころじゃなくて、価格下落のおかげで薄利多売するしかないのですよ。

国際通貨基金(IMF)も「この水準が長引けば財政が厳しくなる産油国も出てくる」と警告を発してます。でも原油価格が以前のように150ドルなんて価格になる可能性はありません。

理由はシェールガス&オイル革命。アメリカで新しい原油や天然ガスの採掘法が確立され、大量生産が始まったからです。今後、日本が大量に持つメタンハイドレートという物質からも原油が精製できるようになると、さらなる価格下落が待ち受けています。しかも、車の燃費が向上しつづけてる。電気自動車も飛躍的に増加しました。

あー、アメリカ市場が下がっちゃいましたねえ。中国で株価下落から銀行破たんなんてことになったら、一気に世界経済冷え込みますよ。いやー厳しいって感じの金曜朝です。今日はふて寝だな。

gq1023 at 05:06│
中国人の爆買い3大会連続オリンピックへ向けて