SMAPの女性マネージャー等バスの天井非常口等

2016年01月21日

株の下落が止まらない

17日の日曜日にブログで「翌18日月曜日がキモ」といった事を書いたのですが、残念ながら下がっちゃったんですね。それでも翌日持ち返したんで少し安心してたら昨日のドッカンがあって、アメリカもど派手に下がりました。とうとう世界同時株安の様相です。

ブルームバーグの「世界の株価指数一覧」ってのをブラウザのホームページにしてるんですが、パソコン立ち上げて赤の文字がいっぱいあると株が上がってて、緑の文字だと下がってるんですね。それが気持ちいいほど緑になってる。

企業の時価総額が下がると、資金調達するのに金融機関でお金借りる金利が変わったり、企業で発行する債券の金利を上げなきゃいけなくなったりする。その前に自社株保有してるでしょうから、その価値が下がると決算で価値を下げなきゃいけなくなる。損失ですよ。

自社株が下がって損失計上した結果、会社が赤字になると、社員の給料は上がらないし設備投資はストップだし、そんな決算出したらまた株は下がるから大変なんです。しかも経営陣も自社株持ってるでしょ。それも価値が下がることになる。

株がガンガン上がって、家賃収入や親の遺産が大量にある人の気分が高揚して、高級車や高級ブランドがガンガン売れたりして、さらに高級レストランが大流行して、家でも高級食材食べる人が大量に出てきて、そういうのがあって、はじめて社会の底辺にまでお金が流れる。

財産ある人なんて静かに暮らしてますよ。近所のトヨペット店から新車が出るたびにクラウン買ってる人が派手なぐらいで、大半はひっそりミニバンかなんか乗ってるでしょ。近所の居酒屋で飲んでるぐらいで、わざわざ六本木とかに出かけませんよね。

そういう人たちまで「タクシーで銀座行くか!」なんて気分になるぐらい経済が上がんなきゃいけない。バブルの時はそうだったんだもん。

国債の10年物の金利ってバブルの時は5%もあったんですよ。今0.267%っす。1億円あったら国債で1年500万になってたってこと。それが今は26万7千円。金持ちもケチになりますよ。財産持ってても、お金が仕事しないんだもん。当然投資に流れる。

株が下がれば資産が目減りする。金を使わない金持ちの金が消えていけば、我々庶民にはそりゃー入ってこないわけですよ。だから株が上がって欲しいなー。

ちなみに私が20年以上前に入っていた郵貯の定額預金は金利が8%もありました。10年で満期のお知らせが来て取りに行ったら、当時のボーナス100万円預けてて、置いてるだけで200万円になってました。やっぱ金利が上がらないと経済は元気にならないと思います。

gq1023 at 07:23│
SMAPの女性マネージャー等バスの天井非常口等