朝から衝撃起業するということの課題

2016年01月13日

武蔵小山駅前再開発

5de765a4.jpg私が大阪から引っ越してきた16年前は、武蔵小山駅は牧歌的景色が広がり、電車も4両編成の小さなもの。駅前にはヨーカドーと称する激安服飾スーパーがあって、その周辺には山ほど小さなスナックや立ち飲み屋が広がっていました。

それが、あれよあれよと言う間に目蒲線から目黒線に名前を変え地下鉄に乗り入れて、電車の編成は長大になり、駅は地下化され東横線の日吉まで行ってます。信じられない変化で、さらに駅ビルまで完成しました。

そして駅前開発がはじまりました。小さなスナックや飲み屋が全部いなくなり、いよいよ解体工事が本格化しています。

「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」の2つは40階以上のタワーマンションで高さも140m以上。他にも3本のタワーマンション事業が計画されています。

2018年には最初の2棟は完成するそうですから、とにかく駅前はものすごい変貌を遂げ、マンション下部は大規模ショッピングゾーンになり、空中遊歩道でつながる計画となっていて、お台場のアクアシティみたいなのが登場します。

まだまだ先の話しと思ってたんですが、本格的に解体工事が始まると寂しいもんですねえ。周辺の小学校に子供があふれかえる事態になるんでしょうか?ららぽーと武蔵小山とかマークイズ武蔵小山なんてのができるんでしょうか?まあすごい変化です。

私が家を購入した時は、新築一戸建てで4000万円ぐらいであったのですが、今はぜんぜんありません。新しいマンションは70平米の3LDKで7000万円以上と噂されています。うへー、割安なのか割高なのかすら分かりません。

オリンピックがやってくる2020年にはどんな町になっているのやら。なんかドキドキしている今日この頃です。

gq1023 at 17:15│
朝から衝撃起業するということの課題