中小企業の退職金年収って下がるもんでしょ

2015年12月09日

消費税への軽減税率導入について

お願いしますからどっかの党さん、できないことを強要しないでください。軽減税率なんて導入されたら、消費税を2種類に分けて計算しなきゃいけなくなる。そもそも非課税とかある時点で迷惑してるのに、最悪の提示です。

年間課税売上高が5000万円以下の中小事業者は、特例で売上高の一定割合を軽減税率対象の売り上げとみなして納税額を計算する「みなし課税方式」を選択できるようにするとしてますが、うちはこの枠の中にない。たかだか社員10名にも満たない会社でも対象外ですよ。

財政健全化には避けて通れないのが消費増税なんでしょ。じゃあ一律10%でいいじゃん。これ種類によって2段階でスタートしたら、どんどんこの枠が拡大しますよ。めんどくさくて仕方ないし、軽自動車の車検は8%で普通車以上は10%なんて実効性のない軽減と称するお手柄自慢が横行すると思うのです。

「年金受給者の3割に3万円 参院選前後1250万人に」ってニュースが出てますが、これも年金収入などが年87万円以下の約600万人弱が対象だったのが倍以上に急拡大したんですよ。

これもね、消費増税したら大変だから、年金受給額の少ない人に6万円支払うってことが決まっていて、それを3万円だけ前倒しとか言うんですが、年間6万円を老人に一生涯あげるってことでして、その負担は現役世代と未来の子供達ですよ。あー子供たちがかわいそう。

6万円でしょ。月額5000円でしょ。年間予算が約7千億円。貧乏な年寄りに配っても未来が明るく見えないけどなあ。「消費税が今より2%上がったら生活が苦しい」なんて人に配慮した税制によって、日本の未来が明るくなると思えないけどなあ。

なんか話しがいつも貧乏人に向いてるけど、ようするに年収ピラミッドの底辺に人口がたくさんいるから、そこに向けた対策が選挙対策ってことですよね。それは分かる。分かるんだけど、頂点にお金がジャブジャブ流れないと、国費で補填し続けることになるでしょ。

税収が増えないのにバラまき支出だけ拡大しても、日本の未来がウォウウォウウォウウォウってならないでしょ。「最低賃金を増やします」なんて宣言されると、経営者層は「また勝手に俺らの利益をバラマキやがった」と思うだけなんですよ。なんで分かんないのかなあ?

スウェーデンって人口1000万人いないんですよ。消費税25%ですよ。家具のIKEAやファストファッションのH&Mやバイクメーカーのハクスバーナなんて国際企業を多く輩出してます。ノーベル賞のノーベルさんもスウェーデン人ですよね。人口1億以上いる日本にだってできるでしょ。

前にも書きましたが、田中角栄さんのように「所得倍増計画」とか立ち上げてもらえませんか?政治って社会の底辺への対策だけグダグダ論議する場所じゃないでしょ。各党の皆さんには、もっと景気のいい話しをぶち上げて欲しいもんです。ただしウソは厳禁ですよ!

gq1023 at 05:44
中小企業の退職金年収って下がるもんでしょ