政党の中で仲良く出来ない人って石垣島まつり市民大パレード

2015年11月07日

石垣島10年

164ab397.jpg石垣島に来ています。今日と明日は石垣島まつりだからです。とうとう石垣島とのつきあいも10年になりました。最初に知り合った人々も10年歳を重ねました。

最初の頃は、携帯電話で言えばau以外だとつながりにくい場所がまだまだありました。ホテルにWiFiなんてなかったし、島の中のインターネットはISDNが基本で、「川平に高速インターネットADSL1Mが開通」なんて言ってました。

コンビニはホットスパーだけがあったんですが、今はココストアに名前を変え、新たにファミリーマートが進出してきました。マックスバリュがあるのでイオン銀行も使えるし、ファミリーマートや郵貯銀行のおかげで銀行ATMも各社使えるようになりました。

昨日はイオン銀行でお金をおろして、マクドナルドでWiFi使って仕事して、大戸屋でご飯食べて、ダイソーでタオルを買って、しまむらで靴下買って、今は東横インでこのブログを書いてます。すっごいことですが、まるで石垣島にいるとは思えません。

これが正しいのかは誰もわかりません。だけど、この島の人々の大半は高校を出たら東京や大阪や沖縄本島に出ます。出た上で戻ってきてますから、都会での生活ってのは知ってるんです。知った上で地域生活を大切にしつつ、都会のいい部分も享受したいと思ってる。

問題は尖閣問題から派生した海上保安庁300人体制や自衛隊駐留ですね。ちょっと平和じゃない話しが入ってくるようになりました。でも国家公務員が何百人も島に住むというのは、人事院勧告に基づいた給料をもらう人が来るということなので大事件です。

だって、島の人々の平均賃金って10万円いかないですよ。そこに3倍以上もらってる人が来るわけですから、経済活動は活発になるでしょうし、ユニクロとかGAPもできるかもしれない。

なんとなく「昔の何もない石垣島も良かったなあ」なんて年寄りみたいなことも感じつつ、「地方都市はどんどん都会を目指していい!」とも思っている私です。

gq1023 at 05:15│ 沖縄・石垣島 
政党の中で仲良く出来ない人って石垣島まつり市民大パレード