思い出の場所反対派と賛成派

2015年10月19日

全日本ロードレース選手権・岡山ラウンド

e02a7b0a.jpg昨日は全日本ロードレース選手権岡山ラウンドが開催されました。ST600やJ-GP3クラスのライダーにとっては、6月末以来のレースでした。

まず最初に行われたJ-GP3クラスの高杉菜緒子選手は、3周目に目の前の選手がクラッシュし、そのバイクに直撃して転倒。レースは赤旗中断となり、その間に修復を試みるもレースの再スタートには間に合わず、7周遅れでコース復帰し、チェッカーを受けました。

続くJ-GP2クラスの大木崇行選手と中村豊選手は、レース序盤から果敢に攻め、大木選手が8位、中村選手が14位でフィニッシュしました。

メインレースのJSBクラスは参戦しておらず、最後のST600クラスは高校生ライダーの榎戸育寛選手が出場し、予選8位&朝のフリー走行8位という状況の中、スタートで8位争いする展開となり、序盤でトップと大きな差がついてしまう中タイヤを消耗し、中盤から6位を単独で走行する展開となり、そのまま6位でフィニッシュしました。

次戦は月末の最終戦MFJ-GPになります。ご声援ありがとうございました。

gq1023 at 05:54│ バイクレース(含む8耐) 
思い出の場所反対派と賛成派