緑茶ハイと日本酒思い出の場所

2015年10月17日

給料なんて年に8回出ればいいほうですよ

どんな経営者でも同じだと思うのですが、社員の給与って必死で払ってます。私自身の役員報酬なんて、給与の支払日に払われるのって全体の1/3程度ですよ。

うちの給与は末締めの5日払いです。末に締めた時点で未収案件があると、もう月末の支払いにも窮します。みんなそうだと思うんですよ。零細企業ってのはそれだけ大変です。

社員の給与は遅れませんよ。遅れたとしても、自分の出張が重なったときとかで、インターネットに接続できなくて払えないといった場合がせいぜいです。

社員6人といっても、会社の社会保険料負担だけで60万円超です。社員の給与が毎月250万ほど必要で、さらに事務所家賃や駐車場代などで、光熱費も含めると別途60万は必要です。

要するに、自分の役員報酬以外に毎月400万円近くの費用が必要なんですよ。それってすんごい大変なんです。社員の皆さんは分からないと思いますけどね。役員3名の報酬も入れたら500万円超えます。ひえー。

それでも歯を食いしばって払ってる。社員の生活背負って頑張ってる。締め支払いのことを雑に扱う社員がいたり、未収案件の発生を平然と受け流したりするのもいますが、経営者は必死に生活確保のために戦ってるってことを知って欲しいと、心から思ってます。

gq1023 at 05:40
緑茶ハイと日本酒思い出の場所