ラグビーを文化にする挑戦がはじまる給料なんて年に8回出ればいいほうですよ

2015年10月16日

緑茶ハイと日本酒

taisya基礎代謝のうち筋肉が占める割合は40%と言われてきて、筋肉量を増やせば基礎代謝が増えて太りにくくなると言われてましたが、すでに20年ほど前に、実は筋肉の代謝は20%未満で、あとは内臓や脳であると分かってます。

とくに脳の代謝が筋肉と同様に20%ほどで、肝臓が30%近くあるといわれており、内蔵だけで60%を超える基礎代謝量であることが知られています。

つまり痩せるには、内臓の働きを活性化させ、脳を使うことが大切なわけです。必死に筋肉トレーニングしても痩せないわけですよ。

例えば、ビールは太ると言われますが、別に焼酎の水割りや緑茶ハイ飲んでも同じです。冷たい飲み物を飲んだら内蔵の働きは低下する。低下すれば代謝が進まない。日本酒の熱燗や常温を飲むと酔った気がするのは、内蔵代謝が進むからです。

お酒はカロリーが高いと言われますよね。だからお酒を抜くと痩せると言われる。これも事実じゃなくて、おそらく基礎代謝の30%近くを占める肝臓が元気になって機能するから痩せるんだと思うのです。逆に脂肪肝にしてると痩せない。

中国に行くと冷たい飲み物にありつくのが大変です。コンビニ行っても冷蔵庫の冷蔵スイッチは切れてる。照明しかついてないんです。これ理にかなってて、内臓を活性化するわけです。胃腸を冷やさないことは内臓を冷やさないことにつながりますからね。だからデブが少ない。

実際には筋肉量があれば、それを使ってる時は代謝が促進されます。筋肉つけることが無駄ということではなく、何よりも痩せるには内臓を活性化させることが重要だということを、冷たい緑茶ハイが大好きな私のために記しておきたいと思います。

gq1023 at 07:25
ラグビーを文化にする挑戦がはじまる給料なんて年に8回出ればいいほうですよ