筑波サーキットアクセス路どいつもこいつも責任とらねーな

2015年09月22日

スズキアルトの車重は脅威の610kg

830208bd.jpg今日気づいたんですが、スズキアルトってたったの610kgしかないんですね。装備が充実しているグレードでも650kg。これは驚異的です。

だって、私の乗ってるワゴンRって770kgですよ。ダイハツミラの最軽量車種って710kgですから、これは超軽い。だから燃費もすごくてリッター37km。そのために新型プラットフォームを開発したというから、そのプラットフォームを使えば全車種が軽量化されるわけです。

実際に6月に発売されたアルトラパンは旧型比120kgも軽量化されてます。ひえー、こりゃすごい!装備が充実してるラパンですが、燃費はアルト並みのリッター35.6km。こちらもすごいことになってます。

最安値の車ですから、高額なパーツは使えませんよね。カーボンやアルミを多用するなんてできないわけですよ。だから、ボルトで固定してた部品を溶接にしたり、曲げ加工のRを強くして剛性を確保したり、何から何まで軽量化してるわけです。

バイクも車も車重が命ですから、軽量化すれば全てに好影響が出る。加速性能は良くなり制動距離は短くなる。当然排気ガス量も減るわけで環境にもやさしい。いやー知りませんでした。

これ、レースベース車両としてもいいですよね。だって軽いんだもん。ホンダのN-ONEのレースがあるんですが、あちらはベース車両の車重が840kgもある。230kgも重量が違うから、きっとアルトのほうがキビキビ走ると思うんですよねえ。

いやー、もっとアピールしたほうがいいと思うけどなあ。しかもマニュアルミッションなんだけど、クラッチ操作とシフトチェンジを自動で行うオートギアシフトもラインナップ。新古車探すと70万ぐらいで売ってる。うー、安くてすごいぞアルト!

ちょっと目からウロコでした。これだからスズキから目が離せません。

gq1023 at 07:32
筑波サーキットアクセス路どいつもこいつも責任とらねーな