安保法案は違憲ソフトバンク優勝

2015年09月19日

安保関連法案成立

グダグダと文句つけて反対のための反対を続けていましたが、結局安保関連法案は成立しました。与党の自民党と公明党の他、元みんなの党の日本を元気にする会、元日本維新の会で平沼さん率いる次世代の党、与党と共同歩調の新党改革が賛成して、圧倒的多数での成立です。

当初は維新の賛成に回るはずでしたが、早々のうちにグダグダになって反対に回り、審議中も反対を言ってる側の指摘も小さなものばかりで、ホルムズ海峡だの日本人が乗ってない客船が攻撃された場合だの、訳の分からない質問と答弁が繰り返されました。

意味が分からないんですよ。たとえば、尖閣に中国人民解放軍が上陸して、アメリカ軍が米中開戦を恐れて直接的武力行使を拒否した場合、政府はどのように対応するんですか?とか聞くべきでしょ。臨時閣議で決定して臨時国会召集してとかやってたらアウトでしょ。

北朝鮮がアメリカに向けて大陸間弾道弾を発射したとして、日本が迎撃ミサイルを撃てないってのはおかしいでしょ。でも法案改正前はできなかったんですよ。やられてから国会でいろいろ討議してから撃ち返すって法律はアホすぎますよね。

そもそも一票の格差があるから国会議員全員が違憲。自衛隊を持ってる時点でも違憲。憲法9条があるのに自衛隊が武力行使できるようにしたんだから安保法案も違憲。そんなことより、安全保障上の危機が迫っている今、最低限の反撃ができる状況になったのは正しいと思ってます。

gq1023 at 06:39
安保法案は違憲ソフトバンク優勝