己を磨くことの大切さ「一人の責任」中国の株バブル?

2015年09月07日

多摩モノレールの重大インシデント

9072f291.jpg9月3日の午前5時35分に発生したトラブルなんですが、なんと地上から14mも上の場所で、多摩モノレールのドアが開いたそうです。それもなんと7秒間。あり得ないですよね。

それもすごいんですが、立川北駅を5時30分に出発したモノレールなのに、その5分後にはドアが開いてるんです。始発駅の次が立川南駅。そこですでに1mオーバーラン。運行指令にその事実を連絡せず、車両ドアとホームドアの連動を勝手に切って、ドアとホームドアを開けたそうです。

しかも、出発時に車両のドアだけを閉めて出発したんで、ホームドアは開いたままで放置され。そこを出てたったの300mで緊急停止してドアが開いたというからひどい話しですよ。

理由は単純で、運転士がマスコンレバーから手を離したからだそうで、しかも駅間でドアが開かないようになってる設定を、立川南駅で車両側で自由に開ける設定にしたまま、間違ってドアを開けちゃったというからレベルが低い。

この運転士の年齢がなんと67歳。それも持病があったそうで、持病発症がこのトラブルの元凶だとされているからさらにひどい。そして、運転士が体調不良を訴えたのに、指令は運転続行を命じ、なんと計18駅も走らせた後に、救急車で病院搬送されたそうです。

ワンマン運行でしょ。モノレールって万一緊急停止したからって、ドアを開けて避難するなんてことあり得ないでしょ。平均台みたいなレールを歩いて避難ってないじゃないですか。そんな所でドアが開くってシステムの設定がそもそもおかしいでしょ。

運転士が体調不良を訴えても運転継続させたってのもおかしい。運転士が死んでたり、乗客が転落死してたらシャレになってないですよ。メディアもこういう公共交通機関の重大インシデントを積極的に報道して、二度と発生しない環境づくりをすることが大切だと思います。

駅間にて車両ドアが開扉した事象について

gq1023 at 05:27
己を磨くことの大切さ「一人の責任」中国の株バブル?