2015年08月26日

自動車のサイズと東京都内中心部の道路

都内に住んでると、とにかく道路が狭いことが気になります。首都高速もそうですが、一般道も川を埋め立てた所ばかりで、とにもかくにもちゃんとしてない。

「きっと、新しいビッグ・カーの時代が来る。」としてシーマが発売されてから25年を超え、確かにビッグ・カーの時代になって3ナンバー当たり前ですが、道路が広がってないし駐車場の枠も狭いまま。非常に厳しい状況です。

まあ1964年の東京オリンピック時に突貫工事で造った道路ばかりですから今の時代にあってないわけで、2020年に向けて道路の拡幅は必要でしょうし、首都高なんて全面的に造り返るべきでしょう。

その前に、東京都内中心部でデカイ3ナンバーに乗ってる人って不便じゃないですかねえ。私も15年ぐらい前はBMWの5シリーズってのに乗ってましたが大変でした。あれでも大変だったらもっと大きいのたくさんあるんで大変に決まってますよね。

最近思うのですが、「きっと、新しいスモールカーの時代が来る。」ってのが今だと思うのです。必要最小限で所有欲も満たされて周囲からも評価される車。ミニやフィアット500といった車が売れてるようですが、そういったのが時代の最先端になる日が近いかもと思ったりしてます。

今のワゴンRってすっごいですよ。クラウンみたいに走ります。Sエネチャージなら燃費は普通に走ってリッター20km行きます。もう新しいスモールカーの時代になってるのかも知れませんね。

gq1023 at 05:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字