フェリー火災天津の爆発ってまだ120人程度の死者数なの?

2015年08月20日

税金は国の発展につかわれるべきじゃないのか

DSC_0195どうもふに落ちないのですが、国の予算って分配というとか予算配分って言われてますけど、その大半が社会福祉と国債の償還に消えてます。一般会計と特別会計合わせた約237兆円のうち170兆円ぐらいがそれ。地方交付税なんて20兆円弱でしかありません。

それに対し、日本の全企業数の大半(99%以上)を占める中小企業対策費って2000億円ですよ。復興加速化・福島復興関係予算は6000億円。公共事業費ですら7兆円程度です。

借金の返済と、老人への年金、貧困層への生活保護費、健康保険の国庫負担分といった部分に国の予算の大半があてられていて、その原資は未来の大人と称する子供達やまだ生まれていない未来の人々につけまわしていて、それが平然と国家運営だとされています。

日本自体は日本で製造したものを海外で売る事で成長してきました。国内にいる人々は、海外に進出したグローバル企業の利益を分配してもらってたわけです。

だけど、昨日財務省から発表された7月の貿易統計では、こんなに円安局面で輸出も増加してるのに2681億円の貿易赤字です。国の大ピンチが延々と続いているわけです。だって、製造業が海外に出てるんだから、今の日本は輸入して輸出してるだけだから円安メリット消えちゃう。

国内の製造業がどんどん海外へと進出する中、日本語しか話せないような教育を施し、グローバルとは縁遠い超ローカル人間に、未来の子供達ならびにまだ精子や卵子にもなってない人々にまで借金返済をつけまわした金をばらまくのが国家運営なんですかねえ???

国を企業に例えれば、予算ってのは固定費と設備投資ですよね。設備投資すれば固定費も増える。設備投資は将来的にそれが利益を生む前提の計算をして行うわけですよね。どうも国はそうなってないように見えるんです。

「よし設備投資で新規にハイエース買うぞ!」ってなれば、駐車場代と自動車の維持管理費用等の固定費も増大する。そんなのバカでもわかる事です。固定費が増えて一時的に赤字になっても、それがレンタカーしてる時より全体でプラスになればいいわけですよね。

固定費が170兆円で、中小企業対策費が2000億円ってバランス悪くないですか?この中小企業対策費って、世界で戦えるグローバル企業を育成する予算ですか?潰れかけの会社を延命させるための融資原資じゃないっすか?いや、国の制度融資で借した先が倒産した分の穴埋め費じゃないですか?

どうせ経済指標が悪化しても「グローバル経済の中でのことですので、今後の動向を注意深く見守りたいと思います」とか政府要人は言うんですよ。それ額面どおりに受け止める人いませんよね。「世界経済なんて分かんないんで放置します」ってことでしょ。

私のようなチッポケな人間には日本国なんてもんの経営は分かりませんが、少なくとも今の国会運営を見ている限り、日本国を経営してるようには見えません。だからといって、自分がやりたいとも思いません。ただ単純にお金があったら海外移住したいと思っているだけです。

gq1023 at 06:07│
フェリー火災天津の爆発ってまだ120人程度の死者数なの?